医師の資産形成

医者の収入の特徴は同年代の他職種と比較して高収入になりやすい点、すなわち若い年代から高収入を実現できる点です。
この利点を生かした資産形成をご紹介します。

【仕事】30代までにやらないと後悔すること5選【副業】

【仕事】30代までにやらないと後悔すること5選【副業】の画像

【仕事】30代までにやらないと後悔すること5選【副業】

「やらない後悔は一生残る」という事実とその原因についてこの記事で紹介します。
次に「30代のうちに向き合っておくべきこと」5項目を論文を元に紹介していきます。
私自身これらの論文を読んで非常に納得できる部分がありました。
みなさんも共感してくれると嬉しいです。

【株式投資】インデックス投資と個別投資、結局どっち?【AI投資】

【株式投資】インデックス投資と個別投資、結局どっち?【AI投資】の画像

【医師】インデックス投資と個別投資、結局どっち?【資産形成】

医師の資産形成のポイントは早期から高収入になる点を利用し種銭を積極的に資産運用に回します。
その資産運用法としてインデックス投資や個別投資、Ai投資に回しますが一番いいのはズバリ・・・

SPYD】配当3.4~8.6%の高配当型ETFが資産運用の鍵

SPYD】配当3.4~8.6%の高配当型ETFが資産運用の鍵の画像

【SPYD】配当3.4~8.6%の高配当型ETFが資産運用の鍵

今回は米国ETFの中でも高配当株式ETFのSPYDについてのメリット・デメリットをこのブログでお伝えします。
SPYDは高配当重視で資産運用したいという方には非常に有効なETFだと思います。
特に月々の投資額を多く設定できる医師の方にはキャッシュフローを大きく伸ばすことが可能な金融商品でもあるかと思います。
一点だけ、コロナショックによりわかったことは「SPYDは変動率が高」く、「相場の下げに弱い面がある」ことには注意したい点です。

【医師の】今すぐに資産運用をすべき理由とは【資産形成】

【医師の】今すぐに資産運用をすべき理由とは【資産形成】の画像

【医師の】今すぐに資産運用をすべき理由とは【資産形成】

今回は一体いつ頃から資産運用をすべきなのかをお話ししていきたいと思います。

まず、皆さんの資産運用のイメージってどのようなものでしょうか?

一般的には、資産形成ってお金に余裕のある人がさらに増やすための富裕層向けのイメージがあると思います。

実はそのイメージ、間違っているんですよ。

資産運用は今すぐに行うことで後々の資産の伸びが2乗3乗にもなることが知られています。

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】の画像

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】

医師、特に勤務医の先生が節税するポイントは何と言っても「所得税控除」です。
所得税はその人の1年間の収入に応じて税率が決まります。
医師は一般的に高所得になるのでその分税率も高いですが、逆に、所得税控除をうまく使えればかなりの節税になります。
それではどの項目で節税が可能か、ひとつひとつ解説します。

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】の画像

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】

結論から言いますと、研修医を終わればバイトを組み合わせて収入が少なくとも年収1000万円程度になるので、iDeCoに加入するべきと思います。
また、もし将来的に大学院進学や開業を考えているのであれば、その間はiDeCoの掛け金が毎月68000円となりさらに絶大な節税効果が現れます。
なので、いつからiDeCoをやればいい?という質問に対してはほとんどすべて「今から」という回答になります。

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】の画像

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】

資産形成と聞くと、複雑なイメージを持つ方が多いですが、簡単に考えると次の3つの概念を意識すればいいのです。

収入を増やす
支出を減らす
運用利回りを上げる

簡単にいうと「入ってくるお金を増やし、出ていくお金を少なくし、増えるお金の割合を高くする」ということです。

今から始める医師の為のインデックス投資

今から始める医師の為のインデックス投資の画像

今から始める医師の為のインデックス投資

インデックス投資とは今回は資産形成の中でも医師の働き方に一番マッチするインデックス投資についてお話しします。最初にお伝えしますが、このブログでは種々の資産運用を強制したり、ある特定の銘柄...

20代の医師に勧める資産運用とその勝ちパターン

20代の医師に勧める資産運用とその勝ちパターンの画像

20代の医師に勧める資産運用とその勝ちパターン

20代の先生に資産運用をお勧めするもっともな理由がこちらです。
すなわち、「利益が出るから」なのです。
資産運用や投資には色々な方法があり、数日間でやりくりする短機運用のものもありますし、数年単位で行う長期運用のものもあります。
私のブログでおすすめしているのは長期運用による資産形成です。

フリーランス医師の収入を公開します

フリーランス医師の収入を公開しますの画像

フリーランス医師の収入を公開します

今回は、私のフリーランス医師としての収入を実際にお見せして、実際にフリーランス医がどの程度稼ぐことができるのかをお伝えします。
これは大手サイトから案件を受けたり、医師紹介に特化した企業からの案件を受けることで可能となります。
実際の案件情報も載せておりますので是非チェックしてください。

【S&P500】インデックス投資の終わり【4%ルール】

【S&P500】インデックス投資の終わり【4%ルール】の画像

【S&P500】インデックス投資の終わり【4%ルール】

インデックス投資に投資した資金はいつ引き出すのがいいのでしょうか?
先ほども述べましたが個別銘柄であれば一定期間ごとに配当金が入ってきますが、インデックス投資では配当金を再投資する設定にするとそうはいきません。

毎回一定額投資はするけどそれをいつ引き出せばいいのか、このような下落の時に引き落とせばいいのでしょうか?
答えはノーです。
皆さんは4%ルールというものをご存知でしょうか?
4%ルールとは、リタイア時のポートフォリオの4%を年間の生活費に回しても、残りの人生で投資資金が尽きないというトリニティ研究の結果から示されたルールです。

医師のためのiDeCoの3つの絶大な節税効果とは

医師のためのiDeCoの3つの絶大な節税効果とはの画像

医師のためのiDeCoの3つの絶大な節税効果とは

こんにちは、Dr.KyoJiです。今回は医師にオススメできるiDeCo(イデコ)のメリットについてお話しします。 皆さんはiDeCoというものをご存知でしょうか? 簡単にいうとオーダーメ...