月収200万のフリーランス医師に必要な、みんな持ってる素質とは

月収200万のフリーランス医師に必要な、みんな持ってる素質とは

フリーランス医師の素質

こんにちは、Dr.KyoJiです。

現在は内科フリーランス医として主に定期非常勤の外来診療や手術業務、そしてスポットバイトの日当直業務を行いつつ、医師の資産形成についての情報を発信しています。

資産形成の仕方としては、種銭を稼ぎ、それを投資に回すという手法が一般的ですが、自分は主にインデックス投資をメインとした株式投資を行なっています。

医師の資産形成についての私の戦略は下の記事でお話ししていますので是非読んでください。

医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリット

どの投資も一長一短があり、

「絶対にこの投資がおすすめ!」

というものはないと思います。

逆にそのような勧め方をしてるブログや人物はあまり信用できないものと思った方がいいかもしれません。

実際に私も記事を書いてますが、これらは自分の主観や経験に基づいた内容ですので、読んでいただいてる方に強く勧めるものではありません。

あくまで資産形成の一つの手段として参考にしてもらえればと思っております。

医師がもっとも確実に資金を稼ぐ方法は日当直スポットアルバイト

特に医師である我々がもっとも手早く、確実に資産を増やす方法としては高額な日当直アルバイトをこなしていくことが一番かと思います。

単純な当直バイトでも6万前後の収入になり、他の職種の方よりも確実に、そして大きな資金源となります。

主にこれらの求人サイトで募集案件を見つけ応募していきます。





これらの日当直スポットアルバイトや定期非常勤での病院勤務を複数こなすことで、毎月の収入を爆増させ、勤務医以上の収入を得ることができます。

 

と考える先生もおられるかと思います。

ところがフリーランス医として働くために必要なものがあります。

今回はそんなフリーランス医師に必要となる素質についてお話しします。

フリーランス医師が重宝されるのはどんな時か

まずはフリーランス医が重宝されるのはどういう時かを考えてみましょう。

究極的にいってしまえば、「病院経営にとってプラスになる」時です。

フリーランス医は病院やクリニックに一時的に雇われ、そこで交わした契約に基づいて業務(医業)を行います。

フリーランス医が重宝されるのは、この医療機関の経営に対してプラスの要素をもたらす時にありがたがられることが非常に多いです。

確かにフツーにやるだけで問題はありません。

しかし、より長期間の契約や更なる案件の獲得、契約内容の改善などを考えるのであれば、フツー+αの魅力が必要になります。

その+αについて深掘りしましょう。

殿様当直は禁忌!

先日自分が定期で外来に入っている病院から、追加の日当直をやってくれないか、との打診を受けました。

いつもよくしてもらい非常に有難かったのでお受けさせていただきました。

その際、自分に打診をしようと思った経緯を病院側に聞いてみました。

理由は「殿様当直」が原因でした。

今月まで、大学からの派遣で大学の講師の先生が毎週平日と週末に日当直をしていたのですが、その先生の当直内容は

  • 救急要請はほとんど断る
  • 当直入りや明けの時間を守らず、遅く来て早く出ていく
  • 夜間の病棟コールに対応しない

というものでした。

まさに「当直してやってるんだよ」といった態度の当直内容でした。

病院側としても救急車を断られると応受率が下がり救急隊からの信用が落ちる、また病棟看護師やMSWなどのコメディカルも困っているので、いくら大学からの派遣とは言えこれ以上継続させるのは病院や職員の信頼が下がってしまう

という理由でその先生の当直を中止にしたとのことでした。

自分はこのような当直を「殿様当直」とよんでいます。

フリーランス医がもしこのような当直をするのであれば、あっという間に信頼は失われる=仕事を失うことになるので絶対に禁忌です。

理想のフリーランス医の当直とは

それは殿様当直がいかにまずいことかがわかったので、次にフリーランス医はどのような当直を心がければ良いでしょうか?

自分は以下の3つをまずは最低限守るように心がけます

  • 救急車や外来受診依頼は可能な範囲で全て受け入れ
  • 業務に関する時間や約束は徹底する
  • コメディカルからの依頼は全て笑顔で対応

です。

そうです、まさに、我々が医者になって初めての勤務の際に教育指導される内容に他ならないのです。

一番上の救急車や外来受診依頼の応受に関しては様々な意見があると思いますので、別の記事で詳しく深掘りします。

しかし2つ目、3つ目に関しては「社会人としての基本」に他ならなく、逆にいうとこれらが守れていない先生が意外と多いんだな、ということが分かります。

フリーランス医師の素質=社会人としての素質

フリーランス医は大学や病院から身分を保証され、守られているものではなく、一度信頼が無くなると病院はもちろん、紹介元の仲介業者や派遣会社からもNGが出てしまうおそれがあります。

その信頼を揺るがすきっかけになる一番の要因は、まさに一般的な社会人としての対応ができないということになります。

そのため、フリーランス医を続けていくために最低限必要な素質は、社会人として相手の信頼を損なわないような行動ができるか、といったところになります。

ごくごく当たり前の話ではありますが、それができずにバイトを失った大学の先生がいらっしゃったのは非常に勿体無いです。

ちょっと気をつければ誰もが身につけれられる素質であることは間違い無いので記事にしました。

この記事を読んでいただいた先生の中で、何かに気づいて行動が変わるきっかけになりましたら非常に幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

合わせて読みたい記事

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方の画像

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

今回は、緊急事態宣言下でのGWは外出ができないので稼げるときに稼いでしまおうという精神でスポットバイトをこなすメリットについてお話しします。
GW中のスポット案件は今もメールで届きます。
また普段は募集を出していないような病院でも長期休暇の際に募集を出すこともあり、案件の総数は増えています。

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者が年収アップのために行動するべき5つのことの画像

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者の年収は一般企業のサラリーマンに比べると高額となりますが、医師の中でも年齢や役職、勤務病院によって年収に大きな差があるため、医師の中では一括りに高いとは言えないです。 
勤務医時代の私を含め「給料が低い」と感じている先生が多く、どうやったら年収をアップできるか、いろいろ検討している先生も多いと思います。
ある程度短期間で年収を上げ、生活環境の整える方法として転職やフリーランスがおすすめです。
フリーランス医師について知りたい先生は、このブログでは私のフリーランス医師の感想をお伝えしていますのでぜひ参考にしてください。

「医者の年収は安い」といわれる理由

「医者の年収は安い」といわれる理由の画像

「医者の年収は安い」といわれる理由

他職種と比較すると医者は高収入の部類に入り、医者の平均年収は1160万円と言われています。
これだけ高額な収入を得ている医者ですが、それでも時として給料は「安い」といわれることがあります。
今回は知られざる勤務医の実態と、医者の年収アップの対策を深掘りします。

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのか

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのかの画像

2,000万以上を稼ぐ医者の年収はなぜ高いのか

複数の転職サイトの求人情報から判明した調査結果によりますと、年収が高額となる診療科1位は美容外科・美容皮膚科で、2位が形成外科、そして3位は産科・婦人科になることがわかりました。
これら高額年収の求人は一見良いようにも見えますが、その反面リスクの大きさや就労条件など、トレードオフの関係にあると言えます。

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由の画像

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。
またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 
今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

アルバイトや副業を含んだ医者の年収の分布を見てみます。
すると1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
また、1,000万円~2,000万円までの年収帯は比較的多くいるものの、2,000万円以上になると該当する医師が少ない傾向にあります。
驚くべきは、年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占めていることが分かりました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

一般的には医師は皆高収入というイメージが根強いと思います。
ですが実際の医師の年収はどのくらいになるのかは働く科や条件、そして地域によっても違ってきます。
そして勤務医の場合、ある程度の収入になると頭打ちになり年収2000万以上を得るのは難しいと言われています。
今回は勤務医の平均的な年収や年齢別の年収、そして勤務医の先生が年収を増やすためのヒントをお伝えします

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】の画像

月収200万のフリーランス医師として働く前にデメリット確認を

過去の記事を読んでいただいた先生の中にはフリーランス医師の方が常勤医よりも良いという印象が強くなるかもしれませんが、実は一概にそうでもありません。
特に今、常勤医の先生方にとってフリーランス医師のメリットばかりを重要視して、安易に今の病院を辞めてしまうのは待ったほうがいいかもしれません。
フリーランス医師になるにあたって、事前に共有しておきたい事はメリットよりもデメリットです。

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】の画像

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

フリーランス医師として活躍できる条件は案件情報を常に確認していることとある程度の経験を積んでいることです。
特に案件情報は複数のスポットバイト紹介サイトを確認して自分のスケジュールにあったスポットバイトを入れていくことが必要です。
この記事では案件チェックとフリーランス医師としての経験の2つを考えていきます。

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方の画像

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

寝当直バイトの最も効率のいい探し方についてお伝えします。
一番はやはり医師のバイト紹介業者を使って探す事です。
民間医局の求人であればスポットバイトの検索条件に新幹線などが適応になる「遠距離交通費支給」の項目が追加されていますのでうまく活用すれば遠方だけど交通は思ったより楽な案件を探すこともできます。
またマイナビDOCTORでは「ゆったり当直」や「救急対応なし」のカテゴリーがあり、効率よく寝当直バイトを探すことができます。

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリット

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリットの画像

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリット

医師の高額案件バイトをやって1年ほど経過したので良かったことを少しまとめてお話ししようと思います。
収入アップには医師のバイトは厳選して選んでいくべきです。
そこで今回はフリーランス医師の経験をもとに、医師の高額バイトを厳選するとどのようなメリットがあるかについてお伝えします。

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイント

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイントの画像

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイント

今回は複数ある医師のバイト案件の中から相場のいいものを選ぶための比較ポイントを3つお伝えします。
現実にはなかなか割りのいいバイトを定期的にゲットするのは難しいかもしれませんが、上記の3点に気をつければ比較的割りのいいところを選ぶことができます。
医師のバイトで案件の比較に迷ってる先生がいましたら是非ご活用いただければ幸いです。