フリーランス医師の最大のメリット、デメリット

フリーランス医師の最大のメリット、デメリット

フリーランス医師のメリット、デメリット

こんにちは、Dr.KyoJiです。

ここ数年、フリーランスで働く医師の存在が大きくなりつつあります。

テレビでも話題になったことがきっかけですが、実際にフリーランスで働く医師は以前より増えて一般化しつつあります。

理由はいくつかありますが、一番は2004年に始まった新医師臨床研修制度により医局に入らない医師が増えたこと、情報の拡散などで柔軟で多様な働き方が実現できる時代になったこと、そして自分もよく使いますが、医師人材紹介会社や医師向け求人サイトが充実し、定期非常勤や高額なスポットバイトが簡単に探しやすくなったことなどが挙げられます。

今回はフリーランス医師の働き方をテーマに、そのメリットやデメリット、継続するために大事なポイントについてお話しします。

フリーランス医師の3つの働き方

フリーランス医師は医局や一般病院などの組織に属さず、また開業や小規模医療施設でスタッフを雇う経営者でもなく

「非常勤」や「スポットバイト」のみで生計を立てる医師を指します。

フリーランス医師の働き方は大きく分けて3つあり

  1. 「定期非常勤」で働く
  2. 「スポットバイト」で働く
  3. 「定期非常勤」と「スポット」を併用して働く

というものです。

自分は3.の定期非常勤とスポットバイトを組み合わせて収入を伸ばしています。

定期非常勤の特徴

定期非常勤は、例えば「週に2-3日、毎週この曜日」、と勤務日がある程度決まっている働き方で、契約期間ば病院によりますがだいたい半年~数年単位で仕事を得るため、比較的安定した収入を見込むことができます。

こうした定期非常勤として働く医師は多く、大学の医局から毎週固定日でアルバイトに来る先生なども該当します。

とにかくお金を稼ぐためという目的もありますが、それ以外には女医さんで子育てのために勤務時間の調整が難しい正規雇用を避ける先生や、より多くの自由な時間を確保したい先生がこの働き方を選んでいます。

収入的には週に2−3日の日中の外来をやればある程度の収入になりますが、これだけで勤務医よりも高収入になることはあまりありません。

スポットバイトの特徴

スポットバイトは一般的には医師紹介サイトなどで受注できる単発の仕事です。日中の外来や当直業務など、何時から何時まででOOO,OOO円、といった形態で募集がかけられています。

スポットバイトは一般的に時給は高く、医師の求人サイトにもスポットバイトの情報が日々更新されているので、自分のスケジュールに合わせて組み込むことができます。

例えば土日当直のスポットバイトは週末だけで18万〜20万になるので、これだけでも充分な収入を期待することができます。

 

定期非常勤とスポットバイトを組み合わせて働く

私が採用している働き方で、定期非常勤として働きながら、スケジュールの間にスポットバイトを入れて収入を上げる働き方です。

定期非常勤による安定した収入に加えスポットバイトのの高収入を加えることができ、勤務医よりも多く自分の時間を持ちつつ収入がアップします。

 

これら3つの働き方で一番フリーランス医師のイメージが強いのがスポットバイトだけで仕事をする働き方と言われています。

フリーランス医師と聞いて多くの方がイメージするのは、組織にまったく縛られることなくスポットバイトをこなして、大きく稼ぐ働き方かもしれません。

では、果たしてスポットバイトだけをこなすフリーランス医師は、本当に稼ぐことができるでしょうか。

自分の経験をもとにしたフリーランス医師の収入について解説します。

 

フリーランス医師は勤務医よりも稼ぐことは可能か

 

ここでは、厚生労働省が発表している全国の勤務医の平均年収1,161万円(月約96万円)「参考:厚生労働省 平成30年賃金構造基本統計調査 と比較します。

スポットバイトの時給相場は形態にもよりますが、一般的に1万円~1万2千円/hr程度といわれています。

ここで時給1万円で計算します

フリーランス医師が8時間の日中のスポット外来を週5日こなしたとして

⇒8時間(時給1万)×5(日)=40万円
⇒40万円×4(週)=160万円
⇒160万円×12(ヶ月)=1,920万円

とこれだけで勤務医の年収を超えます。

簡易な計算ですが、勤務医の年収1,160万円に対して、スポットバイトのみのフリーランス医師の方が、年収が760万以上高くなります。

さらにフリーランス医師は残業も当直もありません。

これは簡単に計算した結果ですが、近頃は求人サイトが充実しておりスポットバイトの情報が豊富なため、そして自分の経験上でも決して不可能ではありません。

さらに土日の高額日当直バイトを行えばさらに稼ぐこともでき、年収2000万以上も十分可能です。

 

 

 

フリーランス医師が活躍できる条件や得意となる科は?

フリーランス医師として稼ぐためには当然、時給の高いスポットバイトを数多く受注することが重要です。

そのために最低限必要となってくるのは臨床経験です。

初期研修を終えたばかりの医師がフリーランス医師となりスポットバイトだけで稼ぐことはまず無理です。

私もオススメできません。

病院側がスポットバイト医に求めているのは即戦力となる医師であり、募集条件を見ると「卒後5年以上の医師」が最低条件であることがほとんどです。

全体的な募集案件から内科系は常にスポットバイトの求人が多く、全科当直や救急対応に強い医師が必要とされます。

また、救急の他にも内視鏡など専門性の高いスキルが必要なスポットバイトの時給は高く設定されています。

(例えば消化器内科専門医専用の内視鏡バイトなどです。)

そして医者人口に比較して需要が多く専門性の高いスキルが必要なため、時給の高い案件が多いのが産科と麻酔科です。

産科医も麻酔科医も常に人材不足で、多くの医療現場で必要とされており、かつ専門性が高いので必然的にスポットバイトの時給も高くなります。

詳しくはこちらのブログでフリーランス医師が得意とする科について考察しています。

フリーランス医師の仕事が向いている科はどこか はこちらから

麻酔科医のフリーランスは働き方が変わるかも!?

昨今、フリーランスの麻酔科医が稼げる時代が変わるのではと言われています。

その理由は新専門医制度による麻酔科専門医の更新条件にあります。

麻酔科専門医の要件に、週3回の同一施設勤務の義務化が加わり、週3回は同じ施設で勤務することが麻酔科専門医を維持するために必要となるそうです。

そのためスポットバイトで何ヶ所もの医療機関をはしごして稼ぐことは難しくなるかもしれません。

フリーランス医師のデメリット

フリーランスは勤務医よりも稼ぐことのできる働き方ですが、もちろんデメリットもあります。

自分が経験したデメリットをいくつか挙げますので、フリーランスを考えている先生は是非参考にしてください。

  • 常に案件がある保証がなく、仕事が不安定になる不安がある。
  • 勤務時間や案件数を増やさない限り収入は上がらないので連日の当直や勤務など労働荷重が重くなる。
  • フリーランスは新たな技術の習得や知識を得るための費用が原則自己負担。
  • 税金や保険料、年金は全額自分で管理することになり、確定申告は必須。

ざっと思いつくデメリットはこのくらいです。

そのほかにも最新の医療技術や知識をアップデートする機会が減る、孤独感を感じるなどありますが個人の状況にもよってくると思います。

稼がないフリーランス医師を目指して

これまではフリーランス医師=稼げるという内容をお伝えしました。

ここで稼ぐとは別に、フリーランス医師であるメリットの一つ「自分で働く時間を決められる」というところに注目しましょう。

ある程度勤務医としてキャリアを重ねた後、自分や家族との時間を増やしたい、落ち着いた場所に移住してのんびり暮らしたいなどの理由でフリーランス医師を考える先生もいます。

また、さまざまな病院でスポットバイトをこなし続けることで幅広い人脈を築くことができ、手技や症例の経験を積むチャンスも訪れます。

私も手術のみのスポットバイトはありませんが、よくしてくれた先生に手術に積極的に入れてくれたり勉強の機会をいただけたこともあります。

特に急性期病院の全科当直ではほぼ3次救急に近い対応から病棟管理まで幅広い対応を求められることがあり、医者として多くの経験を積むことができます。

フリーランス医師になるという選択は、稼ぐことだけではなく、新たな知識や技術を習得するチャンスや人脈を築くチャンスがあり、勤務医とはまた違った新鮮な医師人生を経験することができます。

フリーランス医師に興味がありましたら、以下のリンクから全国の定期非常勤やスポットバイトの案件が一目瞭然です。









最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方の画像

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

今回は、緊急事態宣言下でのGWは外出ができないので稼げるときに稼いでしまおうという精神でスポットバイトをこなすメリットについてお話しします。
GW中のスポット案件は今もメールで届きます。
また普段は募集を出していないような病院でも長期休暇の際に募集を出すこともあり、案件の総数は増えています。

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者が年収アップのために行動するべき5つのことの画像

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者の年収は一般企業のサラリーマンに比べると高額となりますが、医師の中でも年齢や役職、勤務病院によって年収に大きな差があるため、医師の中では一括りに高いとは言えないです。 
勤務医時代の私を含め「給料が低い」と感じている先生が多く、どうやったら年収をアップできるか、いろいろ検討している先生も多いと思います。
ある程度短期間で年収を上げ、生活環境の整える方法として転職やフリーランスがおすすめです。
フリーランス医師について知りたい先生は、このブログでは私のフリーランス医師の感想をお伝えしていますのでぜひ参考にしてください。

「医者の年収は安い」といわれる理由

「医者の年収は安い」といわれる理由の画像

「医者の年収は安い」といわれる理由

他職種と比較すると医者は高収入の部類に入り、医者の平均年収は1160万円と言われています。
これだけ高額な収入を得ている医者ですが、それでも時として給料は「安い」といわれることがあります。
今回は知られざる勤務医の実態と、医者の年収アップの対策を深掘りします。

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのか

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのかの画像

2,000万以上を稼ぐ医者の年収はなぜ高いのか

複数の転職サイトの求人情報から判明した調査結果によりますと、年収が高額となる診療科1位は美容外科・美容皮膚科で、2位が形成外科、そして3位は産科・婦人科になることがわかりました。
これら高額年収の求人は一見良いようにも見えますが、その反面リスクの大きさや就労条件など、トレードオフの関係にあると言えます。

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由の画像

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。
またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 
今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

アルバイトや副業を含んだ医者の年収の分布を見てみます。
すると1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
また、1,000万円~2,000万円までの年収帯は比較的多くいるものの、2,000万円以上になると該当する医師が少ない傾向にあります。
驚くべきは、年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占めていることが分かりました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

一般的には医師は皆高収入というイメージが根強いと思います。
ですが実際の医師の年収はどのくらいになるのかは働く科や条件、そして地域によっても違ってきます。
そして勤務医の場合、ある程度の収入になると頭打ちになり年収2000万以上を得るのは難しいと言われています。
今回は勤務医の平均的な年収や年齢別の年収、そして勤務医の先生が年収を増やすためのヒントをお伝えします

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】の画像

月収200万のフリーランス医師として働く前にデメリット確認を

過去の記事を読んでいただいた先生の中にはフリーランス医師の方が常勤医よりも良いという印象が強くなるかもしれませんが、実は一概にそうでもありません。
特に今、常勤医の先生方にとってフリーランス医師のメリットばかりを重要視して、安易に今の病院を辞めてしまうのは待ったほうがいいかもしれません。
フリーランス医師になるにあたって、事前に共有しておきたい事はメリットよりもデメリットです。

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】の画像

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

フリーランス医師として活躍できる条件は案件情報を常に確認していることとある程度の経験を積んでいることです。
特に案件情報は複数のスポットバイト紹介サイトを確認して自分のスケジュールにあったスポットバイトを入れていくことが必要です。
この記事では案件チェックとフリーランス医師としての経験の2つを考えていきます。

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方の画像

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

寝当直バイトの最も効率のいい探し方についてお伝えします。
一番はやはり医師のバイト紹介業者を使って探す事です。
民間医局の求人であればスポットバイトの検索条件に新幹線などが適応になる「遠距離交通費支給」の項目が追加されていますのでうまく活用すれば遠方だけど交通は思ったより楽な案件を探すこともできます。
またマイナビDOCTORでは「ゆったり当直」や「救急対応なし」のカテゴリーがあり、効率よく寝当直バイトを探すことができます。

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリット

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリットの画像

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリット

医師の高額案件バイトをやって1年ほど経過したので良かったことを少しまとめてお話ししようと思います。
収入アップには医師のバイトは厳選して選んでいくべきです。
そこで今回はフリーランス医師の経験をもとに、医師の高額バイトを厳選するとどのようなメリットがあるかについてお伝えします。

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイント

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイントの画像

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイント

今回は複数ある医師のバイト案件の中から相場のいいものを選ぶための比較ポイントを3つお伝えします。
現実にはなかなか割りのいいバイトを定期的にゲットするのは難しいかもしれませんが、上記の3点に気をつければ比較的割りのいいところを選ぶことができます。
医師のバイトで案件の比較に迷ってる先生がいましたら是非ご活用いただければ幸いです。