研修医も利用可!マイナビDOCTORでいい転職を見つけよう

研修医も利用可!マイナビDOCTORでいい転職を見つけよう

マイナビDOCTORで理想の転職

こんにちは、Dr.KyoJiです。

普段はフリーランス医として外来診療や手術業務、優良案件の日当直バイトをこなしながら医師の資産形成に関する総合情報を発信しています。

医師の資産形成で有利な点は、比較的若いうちから大きな収入を得られるところです。

そのため、体力がある若いうちに割高の日当直のアルバイトをこなして種銭を稼ぎ、それを積極的に資産運用に回していくことがオススメされます。

「資産運用」というとなんだか胡散臭いイメージが強いと思いますが、具体的に自分が行なっているのは株式投資です。

株式投資の中でも比較的長期投資目標になるインデックス投資や米国ETF投資を行なっています。

この辺りの資産運用に関する記事はこちらになりますので是非読んでください。

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのか

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのかの画像

2,000万以上を稼ぐ医者の年収はなぜ高いのか

複数の転職サイトの求人情報から判明した調査結果によりますと、年収が高額となる診療科1位は美容外科・美容皮膚科で、2位が形成外科、そして3位は産科・婦人科になることがわかりました。
これら高額年収の求人は一見良いようにも見えますが、その反面リスクの大きさや就労条件など、トレードオフの関係にあると言えます。

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由の画像

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。
またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 
今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

アルバイトや副業を含んだ医者の年収の分布を見てみます。
すると1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
また、1,000万円~2,000万円までの年収帯は比較的多くいるものの、2,000万円以上になると該当する医師が少ない傾向にあります。
驚くべきは、年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占めていることが分かりました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

一般的には医師は皆高収入というイメージが根強いと思います。
ですが実際の医師の年収はどのくらいになるのかは働く科や条件、そして地域によっても違ってきます。
そして勤務医の場合、ある程度の収入になると頭打ちになり年収2000万以上を得るのは難しいと言われています。
今回は勤務医の平均的な年収や年齢別の年収、そして勤務医の先生が年収を増やすためのヒントをお伝えします

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】の画像

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】

医師の資産形成を考えるあまり、日常生活で必要な分のお金を使えなくなってしまうくらいの節約は逆に生活の質が下がってしまいます。
医師の資産形成と節約のバランスのとり方のヒントは2つあります。
一つは楽天ポイントとスマホ決算の活用で、二つめが毎月の自動積立です。

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】の画像

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】

夫婦が共に医師であれば毎月の投資額が大きく、手持ちにできる資にも余裕があるので無理に個別投資などをしなくとも長期間のインデックス投資の継続で資産形成が狙えると考えます。
無駄な支出を抑える努力は必要ですが、節制のしすぎでQOLを落とすことがない様に投資には余裕を持って継続できる様に工夫しましょう。

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】の画像

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】

医師の資産形成において長期投資を考えるなら研修医の頃からつみたてNISAをすることがオススメです。
仮に、若手研修医が毎月33,000円を4%の利回りでつみたてNISAの最長期間の20年間運用した場合を考えます。
買った株を一度も売却せずに保有していた場合、元本は約792万円になり、運用額は約1,204万円になります。
この場合、投資によって得られる利益は約412万円になります。

医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリット

医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリットの画像

医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリット

医師は一般の社会人と比較するとお金に関する知識が少ない傾向にあります。
医師である職業柄、お金については高所得であることの安心から資産運用に関心が向かない人が多いと思われます。
医師に適した資産運用のメリット、デメリットを余すとこなくお伝えします。

【リスク】医師の「資産形成」、始める前の注意点【利益の税率】

【リスク】医師の「資産形成」、始める前の注意点【利益の税率】の画像

【リスク】医師の「資産形成」、始める前の注意点【利益の税率】

医師が資産形成を始める前の注意点として、現在の自分の支出を見直し、どの支出を減らせば良いのかを客観的に把握することです。
いくら収入が高くても、不要なところで多くの支出があっては資産形成はできません。
出ていくお金を透明化し把握して、不要な支出をとことん減らすことが資産形成の第一歩になります。

医師の資産形成で投資信託を選ぶ際のポイントはココ!

医師の資産形成で投資信託を選ぶ際のポイントはココ!の画像

医師の資産形成で投資信託を選ぶ際のポイントはココ!

医師の資産形成においてインデックス投資などの投資信託を選ぶ時の注意点としては、
同じ指数に連動する商品の中から最も低コストな信託投資を選ぶ
純資産総額の金額とその伸びをチェック
実際のインデックスとの乖離(トラッキングエラー)をチェック
の3つに注意することが重要です。

勤務医が開業医並みに稼ぐ3つの条件

勤務医が開業医並みに稼ぐ3つの条件の画像

勤務医が開業医並みに稼ぐ3つの条件

巷にはたくさんの資産形成に関する情報があふれています。
しかし、我々医師の目線で実体験に基づいて資産形成を語っている情報はほとんどありませんでした。
フリーランス医の立場から勤務医が開業医並みに稼ぐ3つの条件はズバリ・・・

医師が資産の運用を始める前に注意する事

医師が資産の運用を始める前に注意する事の画像

医師が資産の運用を始める前に注意する事

自分の行なっている資産形成の方法としては主にフリーランス医師のメリットのひとつ、収入を勤務医よりも多くなるような働き方を選び、その種銭を積極的に投資運用に使って資産を形成していく方法です。
前回のブログでは「医師の資産形成」の原点に返って、これから資産形成を行なっていきたい先生や資産形成のイメージがわかない先生に向けた記事を書いております。
この記事を読んで「自分も資産形成を始めよう」と思っていただけた先生がいると(?)思いますが、今回は「資産形成を始める前に注意したい点」について話していこうと思います。

また、医師の高額有料アルバイトに関しても色々な情報を発信しています。

エムスリーや民間医局をはじめ、色々な転職サイトの使い方や感想をお伝えしてきました。

 




今回は転職サイトの中でも優良であったとの口コミが多い「マイナビDOCTOR」についてお伝えしていきます。

マイナビDOCTORは主に常勤の転職で使えると思われます。

マイナビDOCTORの魅力とは?

マイナビDOCTORは、株式会社マイナビが運営する医師のための転職支援サービスです。



マイナビシリーズは医師をはじめ、看護師・薬剤師・PT/OT/ST、そして介護職向けの転職支援サービスを運営し、業界トップクラスの取引医療機関数を誇っています。

そして首都圏・関西・東海エリアでは、他医療系の人材会社と比較してもかなり強い部類に入ります。

他の企業と異なるところは、マイナビDOCTORを使う年齢層が若いというところです。

マイナビDOCTORへの登録はこちらから



マイナビDOCTORが若手医師に人気の理由

マイナビDOCTORに登録すると、専任のキャリアパートナーが担当に付き、希望の就職条件を提示すると、それに似合った医療機関や年収、勤務時間・曜日、入職日、労働条件などを次々と提示してくれます。

このキャリアパートナーは、なんと登録者が研修医でもついてくれるところが特徴です。

そしてこの「代理交渉」は、うまく雇用条件の交渉ができない人や話し合いが苦手な性格な人にはかなり心強いものになります。

院長や理事長との交渉に慣れていなかったり、医師としての経験の少なさから、どの程度のことを要求しても良いものか分からない新人〜若手の女性医師には特に人気があります。

このキャリアパートナーの手厚さがあるのでマイナビDOCTORは若手医師に人気のようです。

マイナビDOCTORは自分の働き方をとことん追求できる「こだわり検索」がオススメ

マイナビDOCTORに登録すると、自分で案件を検索することができます。

この検索自体は他の会社と変わらないのですが、マイナビDOCTORのいいところは、自分の働き方に合わせた「こだわり検索」が可能であるところです。

大抵の検索だと、場所や年収、診療科などで絞っていくことになりますが、マイナビDOCTORでは以下のような検索、例えば女性医師でゆるふわ勤務を希望したり、子育て中の先生が好むような検索をカスタマイズすることができます。

  • 当直なし
  • 週4日以下の勤務
  • 土・日・祝日休み
  • 託児所
  • 通勤便利

このような形で、こだわりの条件を指定するだけで、希望にマッチした求人をピックアップできるので、転職活動が捗ります。

その他にも、以下のような条件を指定することができました。

 

年収1800万円以上/当直応相談/60歳以上OK

救急対応なし/救急対応あり

産業医/専門医取得・学会認定施設/研究日あり/学会費補助

手術・症例件数が多い/高度・先進医療//科目不問

地域中核病院/施設管理医の募集/指導医が在籍/管理職候補

転科OK・未経験歓迎//科目不問/ 開業目標

これだけ見てもかなり検索の自由度が高く、自分の働き方や今後の生き方に合わせた転職が可能になります。

マイナビDOCTORへの登録はこちらから



マイナビDOCTORの常勤医師公開求人数を実際に検索してみた

では実際のマイナビDOCTORの求人数はどの程度になるのでしょうか。

マイナビDOCTORの常勤医師公開求人数について、(1)内科系、(2)外科系、(3)その他(内科・外科系以外)3グループに分けて公式サイトで実際に検索してみました。(検索日:2020年12月14日)

マイナビDOCTORの常勤医の求人数は下のようになっていました。

  • 常勤医師公開求人数 (合計):10,319件 (非公開求人 38,926件)
  • 内科系・常勤医師求人数:4,025件 (非公開求人 17,345件)

一般内科 循環器内科 呼吸器内科 消化器内科 内分泌・代謝内科 腎臓内科 神経内科 心療内科 老年内科 アレルギー科 リウマチ科 血液内科 膠原病科

  • 外科系・常勤医師求人数:2,843件 (非公開求人 9,211件)

一般外科 消化器外科 脳神経外科 整形外科 呼吸器外科 心臓血管外科 乳腺外科 形成外科 泌尿器科 美容外科 小児外科 大腸・肛門外科

  • その他(内科・外科系以外):3,451件 (非公開求人 12,370件)

精神科 小児科 眼科 耳鼻咽喉科 皮膚科 麻酔科 放射線科 産婦人科 婦人科 産科 人工透析科 緩和ケア科 リハビリテーション科 総合診療科 美容皮膚科 健診・人間ドック 救急科・ICU、 病理科、 基礎医学系、 スポーツ整形外科 ペインクリニック その他

※公式サイトに公開されている常勤医師求人数です。
※非公開求人の内容は下記の無料登録後にチェックできます。

この結果だけを見ると案件自体は非常に数が豊富な印象が強いです。

そしてこれらの案件は特に東京、埼玉、千葉、神奈川に多いので首都圏での転職を考えている人には最適かもしれません。

マイナビDOCTORも他の企業と同じく、無料登録で案件情報をチェック!

マイナビDOCTORはそのキャリアパートナーの手厚さや、自分の働き方、生き方にこだわったこだわり検索のため、他の転職サイトと比較して「転職のとっかかりがつきやすいサイト」であると思います。

これらの利点を得るにはまずはサイトに登録し非公開案件の情報や、実際にキャリアパートナーと相談しながら転職についてのイメージを膨らませることが重要です。

ご安心ください、登録自体は無料ですし案件を紹介してもらったり検索機能を使ってもお金が発生することはありません。

登録は下のリンクから数分で完了しますので、これを読み終わった先生は是非登録してみてください。

マイナビDOCTORへの登録はこちらから



最後までお読みいただきありがとうございました。

他にも自分の経験を元にした医師の転職についての記事を載せていますので、転職やアルバイトを検討中の先生はこちらも是非読んでください。

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方の画像

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

今回は、緊急事態宣言下でのGWは外出ができないので稼げるときに稼いでしまおうという精神でスポットバイトをこなすメリットについてお話しします。
GW中のスポット案件は今もメールで届きます。
また普段は募集を出していないような病院でも長期休暇の際に募集を出すこともあり、案件の総数は増えています。

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者が年収アップのために行動するべき5つのことの画像

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者の年収は一般企業のサラリーマンに比べると高額となりますが、医師の中でも年齢や役職、勤務病院によって年収に大きな差があるため、医師の中では一括りに高いとは言えないです。 
勤務医時代の私を含め「給料が低い」と感じている先生が多く、どうやったら年収をアップできるか、いろいろ検討している先生も多いと思います。
ある程度短期間で年収を上げ、生活環境の整える方法として転職やフリーランスがおすすめです。
フリーランス医師について知りたい先生は、このブログでは私のフリーランス医師の感想をお伝えしていますのでぜひ参考にしてください。

「医者の年収は安い」といわれる理由

「医者の年収は安い」といわれる理由の画像

「医者の年収は安い」といわれる理由

他職種と比較すると医者は高収入の部類に入り、医者の平均年収は1160万円と言われています。
これだけ高額な収入を得ている医者ですが、それでも時として給料は「安い」といわれることがあります。
今回は知られざる勤務医の実態と、医者の年収アップの対策を深掘りします。

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのか

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのかの画像

2,000万以上を稼ぐ医者の年収はなぜ高いのか

複数の転職サイトの求人情報から判明した調査結果によりますと、年収が高額となる診療科1位は美容外科・美容皮膚科で、2位が形成外科、そして3位は産科・婦人科になることがわかりました。
これら高額年収の求人は一見良いようにも見えますが、その反面リスクの大きさや就労条件など、トレードオフの関係にあると言えます。

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由の画像

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。
またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 
今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

アルバイトや副業を含んだ医者の年収の分布を見てみます。
すると1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
また、1,000万円~2,000万円までの年収帯は比較的多くいるものの、2,000万円以上になると該当する医師が少ない傾向にあります。
驚くべきは、年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占めていることが分かりました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

一般的には医師は皆高収入というイメージが根強いと思います。
ですが実際の医師の年収はどのくらいになるのかは働く科や条件、そして地域によっても違ってきます。
そして勤務医の場合、ある程度の収入になると頭打ちになり年収2000万以上を得るのは難しいと言われています。
今回は勤務医の平均的な年収や年齢別の年収、そして勤務医の先生が年収を増やすためのヒントをお伝えします

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】の画像

月収200万のフリーランス医師として働く前にデメリット確認を

過去の記事を読んでいただいた先生の中にはフリーランス医師の方が常勤医よりも良いという印象が強くなるかもしれませんが、実は一概にそうでもありません。
特に今、常勤医の先生方にとってフリーランス医師のメリットばかりを重要視して、安易に今の病院を辞めてしまうのは待ったほうがいいかもしれません。
フリーランス医師になるにあたって、事前に共有しておきたい事はメリットよりもデメリットです。

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】の画像

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

フリーランス医師として活躍できる条件は案件情報を常に確認していることとある程度の経験を積んでいることです。
特に案件情報は複数のスポットバイト紹介サイトを確認して自分のスケジュールにあったスポットバイトを入れていくことが必要です。
この記事では案件チェックとフリーランス医師としての経験の2つを考えていきます。

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方の画像

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

寝当直バイトの最も効率のいい探し方についてお伝えします。
一番はやはり医師のバイト紹介業者を使って探す事です。
民間医局の求人であればスポットバイトの検索条件に新幹線などが適応になる「遠距離交通費支給」の項目が追加されていますのでうまく活用すれば遠方だけど交通は思ったより楽な案件を探すこともできます。
またマイナビDOCTORでは「ゆったり当直」や「救急対応なし」のカテゴリーがあり、効率よく寝当直バイトを探すことができます。

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリット

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリットの画像

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリット

医師の高額案件バイトをやって1年ほど経過したので良かったことを少しまとめてお話ししようと思います。
収入アップには医師のバイトは厳選して選んでいくべきです。
そこで今回はフリーランス医師の経験をもとに、医師の高額バイトを厳選するとどのようなメリットがあるかについてお伝えします。

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイント

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイントの画像

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイント

今回は複数ある医師のバイト案件の中から相場のいいものを選ぶための比較ポイントを3つお伝えします。
現実にはなかなか割りのいいバイトを定期的にゲットするのは難しいかもしれませんが、上記の3点に気をつければ比較的割りのいいところを選ぶことができます。
医師のバイトで案件の比較に迷ってる先生がいましたら是非ご活用いただければ幸いです。