退局者が語る入局前に把握すべき医局のメリットとデメリット

退局者が語る入局前に把握すべき医局のメリットとデメリット

入局のメリット/デメリット

こんにちは、Dr.KyoJiです。

普段はフリーランス医として外来診療や日当直を行いつつ、医師の資産形成についての総合情報を発信しています。

以前は医局に属していましたが、自分の価値観の違いにより退局をさせていただき、その後は現在のフリーランス医として働くようになりました。

Twitterでも日々発信していますが、よくリプライやDMで質問を頂いております。

その中でも医局を辞めることについてのメッセージを頂くので、医局を辞めるということについてを記事にしていました。

医局に残ることに疑問を持っている先生の判断の一助になればと思います。

医局をやめることについてのヒントは他の記事でも紹介しています。こちらです。

医局を辞める不安を解消する3つの方法

医局に人が集まること

というご質問を頂くことがあります。

結論からお伝えしますが、医局自体を否定するつもりは全くありません

医局には医局のメリットがあり、そのメリットが自分の生き方に必要であれば医局に属す価値があります。

今回の記事では、自分が医局にいた時に感じていたメリットをお伝えし、医局に残るという価値について深掘りしていきます。

 

医局への入局は必要?不要?

特に学生さんや研修医の先生で入局すべきか、今後の進路を考えている方が多いと思います。

自分は約10年間医局に属していましたが、自分の今後の生き方を考えて、医局に属さない生き方を選びました。

しかしそれは「医局を辞める=医局は不要」という考えではありません。

中には医局に入る必要のある先生もいると思います。

それは新専門医制度が関わってきます。

平成28年度の初期研修医への調査では、専門医を取得したいと考えている医師は全体の9割以上を占めています。

そして、2018年4月から開始された「新専門医制度」の影響もあり、初期研修後の進路として「大学病院志向」がそれまでより高まったと言われています。

新専門医制度になると専門医を取得する際に基幹施設での勤務が必要になる場合があり、その施設が大学病院になっていることもあります。

その場合は大学での勤務=入局が必要となることがあります。

またマイナーな科では専門医取得のための症例が一般病院では取得できず、大学病院のような症例が豊富な施設での研修を余儀無くされる場合もあります。

新専門医制度について詳しくは先生方の専攻される科の学会ウェブサイトを参考にしてください。内科学会と外科学会に関しては下にリンクを貼ります

新専門医制度:日本外科学会

新専門医制度:日本内科学会

このように、医局に入る必要があるかどうかを考える際に、自分の専攻する科の専門医を取得するのに大学が必要になるかどうかで変わってきます。

また現行のプログラムが確定するまで不透明な状況が続いていることもあり、「今後どうなるかわからないためとりあえず医局にいる」という選択をしている医師も一定数います。

入局するならいつ頃がいい?

入局の時期に関しても疑問を持つ先生が多いと思います。

最初から入局を考えている先生であれば初期研修修了と同時に入局すると思います。

一方で市中病院などで後期研修まで行なった先生であればある程度の年次になってから入局を考える先生もおられると思います。

厚生労働省が発表した平成28年の調査では以下のようになっています。

全体で約75%の先生がどこかの大学の医局に属す予定としていることがわかっています。

 

厚生労働省「平成28年度臨床研修修了者アンケート調査結果概要」26ページ

厚生労働省「平成28年度臨床研修修了者アンケート調査結果概要」26ページ

一方で全体の7割以上の医師が一旦は入局するのに対して、4割以上の医師はその後医局を辞めるという選択をしていることも事実です。

ある程度の経験を積んで専門性を高めた後は医局に所属しないことを選択する医師が多いことも分かっています。

医局に入局することのメリットとは

それでは、専門医取得のために大学に入局することになったとしましょう。

もともと医局に入る予定であった先生にとっては何の問題もありません。

一方で医局にいいイメージを持ってない先生にとっては納得がいかないかもしれません。

ここからは、医局に属した際のメリットを深掘りしていきましょう。

学位(PhD)を取得できる

医局に入ることで得られるものとしてもっとも大きいものの一つに医学博士号(PhD) があります。

学位授与は大学教授でないとできないので、学位を取得するにはどうしても医局に属していなければなりません。

また、先ほど紹介した平成28年の初期研修医への調査でも、全体の4割の医師が医学博士号の習得を希望していることが分かっています。

昨今の動向を見ると臨床に進む場合、学位の有無はあまり重視されないとは言われていますが、自分としては必要だと思います。

理由は簡単で、信頼度の一つの指標となりうるからです。

必要ないことは分かっていても取っておきたい、そう考える先生がほとんどだと思いますし、実際自分もそうでした。

役職を高める、教授になる

医局によって昇格の基準は異なると思いますが、医局の在籍年数が上がるにつれ、自分の大学内での役職も上がっていきます。

論文投稿などでの業績を重ね、将来は教授になりたいと考えている先生は医局に在籍する必要があります。

就職を検討する必要がない

医局に所属することで就業に関するリスクを減らせる、すなわちどこかしらで働くことができるというメリットもあります。

具体的には印象が悪かったり実際に悪評がついてしまった医師でも、その医局の関連病院に口利きし、安定して働き口を確保できることもあります。

また診療にあたり何か問題があった場合には医局によって守られるということもあります。

高度な医療を追求できる

医局に所属しているからこその高度な医療経験もメリットの一つとして挙げられます。

上級医からの指導を得られる、学会や研究会が頻繁に行われるため最新の情報や海外の情報を得たり、それを通して将来につながる人脈を得られたりする可能性もあります。

大学病院では市中病院にはなかなかないような最新設備や希少症例などが集まり、高度な医療を提供するという意味で経験の幅は広がります。

また大学といったら基礎研究や留学の機会を多く得られることも、医局に所属するメリットの一つです。

自分は海外留学を目標としていましたので、入局の一番の理由は海外留学のためのコネクションづくりでありました。

医局に入局するデメリット

では逆に医局に入局することのデメリットは何があるか、考えてみましょう。

大学の給与・待遇

大学病院の給与が低いことは退局を考えるもっとも大きなデメリットの一つです。

民間病院では科にもよりますが1,800~2,000万円ぐらいの収入を得られるような勤務内容であったとしても、大学病院ではずっと給料は安いです。

このため、家族環境の変化などライフステージが変わることで資産が減っていくタイミングでは大学での勤務に不満を感じる医師が多いです。 

医局に居続けることの将来への不安

医局での在籍年数が長くなると、将来自分がどこまで出世できるかがポイントになってきます。

特にある程度先が見えた段階でこのまま医局に残るという選択肢が魅力的に感じられなければ、退局することを検討する医師もいます。

逆に、今後教授選へ出ようと思っている医師の場合、教授選の結果によってはどうなるかわからないということもあります。

というのも教授選の結果次第では、これまで長い間医局で業績を重ねてきても、医局内で非主流派となる可能性もあり、医局に残っていることで報われるとは限らないという不安を抱えることにもなります。

医局人事

医局を辞めたいと考える医師の不満として、最も多いのが医局人事への不満です。

自分の希望に反する人事や、数年単位での突然の異動を繰り返すことを負担と感じる医師は非常に多いです。

また、家庭事情などでライフステージが変化すると、このような突然の医局人事から離れて、ある場所で落ち着いて仕事をしたいと考える先生もいます。

 

大学勤務の負担の多さ

大学病院での勤務負担の多さに不満が出るのもデメリットの一つです。

大学では通常の診療業務に加え、臨床研究や論文執筆、その他診療外の医局業務もこなしていかなければなりません。

上記でも述べましたが大学勤務の医師は給料が足りず、十分な収入を得るためにはこれらの業務の他にアルバイトをしなければならず、その多忙さにより肉体的にも精神的にも疲弊しやすい状況です。

さらにこれらの環境に加え昨今の新型コロナウイルスの感染拡大によりアルバイトが停止したり、時間外、専門外の診療を余儀無くされることもあり、ますます大学勤務の医師の負担が増大してると言われています。

経験できる症例の満足度が低い

大学病院での症例数に不満がある場合も少なくありません。

大学では専門性の高い珍しい症例を診られるというメリットはありますが、その分症例数は少なくなることが多く、経験できる症例数は実は市中病院の方が多くなるのです。

下の図は大学病院・大学以外の臨床研修病院で初期研修を受けた研修医の満足度アンケートの結果です。

これによると、経験した症例の数・種類ともに大学以外の臨床研修病院での満足度の方が高いことがわかります。

厚生労働省「平成28年度臨床研修修了者アンケート調査結果概要」33ページ

厚生労働省「平成28年度臨床研修修了者アンケート調査結果概要」33ページ

医局の外で働くことのイメージがわかない

医局に所属していると、医局と関わりのある医療機関の情報については非常に詳しくなるものの、関連病院以外の医療機関の情報を知る機会は減ってしまいます。

そのため自分のキャリアにとってチャンスとなるような話が医局外部の病院であっても、その機会に気づけない、また医局外で就職するというイメージがわかず、せっかくの自分のキャリアアップの機会を失ってしまうことも考えられます。

入局のメリット、デメリットを把握して入局判断を

医局にはこれらのようにメリット・デメリットがあります。

では実際に入局するかどうか、そして退局するかどうか迷っている先生方は、何を基準に考えれば良いのでしょうか?

私はそれぞれのメリットを考えた上で

    1. 自分の医師のキャリアにおいて何を優先するか
    2. 優先順位をつけた中にどれだけ入局しているメリットがあるか
    3. 選択肢の多様性を常に意識

の3点を意識して検討するべきかと思います。

自分の医師キャリアでの優先は何か

我々が医師のキャリアにおいて実現したいことその先生によって違います。

「自分に合った仕事をしたい、自分の専門を極めたい、このスキル・知識を習得したい、基礎研究もしたい、病院はこういったところが良い、この専門資格が欲しい、この役職に就きたい、当直やオンコールは減らしたい、家族の時間が欲しい、資産形成や会社設立などにも興味がある」・・・

希望は考えるだけでてくるので、れらをまとめるには優先順位をつけるということが重要です。

そうすれば自分の仕事で重要となる軸が決まるので、医局にいる方が良いのか、それとも医局の外で就職するのが良いのかが把握できるようになります。

 

優先順位をつけた中にどれだけ入局しているメリットがあるか

特に医局に残るかどうか、これから入局するかで迷っているなら、医局に関連した希望の優先順位を意識すると明確になります。

具体的には

  • これから取得したい資格があるか
  • 大学の役職に興味があるか
  • これからも続けたい基礎研究があるか
  • 臨床と研究どちらを自分の軸にしたいか

これらを自問自答し当てはまるのであれば入局し続けるメリットがありますし、当てはまらないのであれば、医局外でのキャリアの方が合っているかもしれません。

選択肢の多様性を常に意識

自分の希望の優先順位が明確になっても、その後の選択肢が思い浮かばなければ次の一歩は踏み出せないですね。

そうならないためにも、医局の中と外にそれぞれどのような選択肢があるのかを視野を広げて情報収集することが重要です。

例えば、基礎研究を続けようと思ったとして、大学以外にも民間機関機関で基礎研究をするという選択肢もあります。

専門医資格やサブスペシャリティを取得しようと思った際、医局に入らないという選択肢も考えられます。(今では新専門医制度の為難しいかもしれません。)

将来はクリニック開業を考えている場合は、患者紹介などのため医局でネットワークを築く方が良いのか、早期から開業しクリニック勤務の経験を積んだ方が良いのか、それともお得意の紹介先となる受け入れのいい一般病院に勤めて置いた方が良いのか、様々な情報が必要となりその分選択肢も増えると思います。

また医局に籍は残しつつ、一般病院へ転職し医局人事から離れつつも、週1回大学病院で外来をしたり非常勤講師として大学勤務を続けるなど、医局との関係を保ちつつ自分の希望の働き方を追求する医師もいます。

自分にどのような選択肢があるのかを知るには、他の医師の話を聞く、実際に求人を確認する、また転職サイトから紹介されるコンサルタントと話し合うなどの方法が考えられます。

医局に入る、入らないという単純な2択ですが、その決定には様々な可能性があり、先生方の希望の軸に沿って選択していくことが大切と言えます。

自分が使っている転職サイトを載せておきますので、よかったら参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。





合わせて読みたい記事

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方の画像

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

今回は、緊急事態宣言下でのGWは外出ができないので稼げるときに稼いでしまおうという精神でスポットバイトをこなすメリットについてお話しします。
GW中のスポット案件は今もメールで届きます。
また普段は募集を出していないような病院でも長期休暇の際に募集を出すこともあり、案件の総数は増えています。

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者が年収アップのために行動するべき5つのことの画像

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者の年収は一般企業のサラリーマンに比べると高額となりますが、医師の中でも年齢や役職、勤務病院によって年収に大きな差があるため、医師の中では一括りに高いとは言えないです。 
勤務医時代の私を含め「給料が低い」と感じている先生が多く、どうやったら年収をアップできるか、いろいろ検討している先生も多いと思います。
ある程度短期間で年収を上げ、生活環境の整える方法として転職やフリーランスがおすすめです。
フリーランス医師について知りたい先生は、このブログでは私のフリーランス医師の感想をお伝えしていますのでぜひ参考にしてください。

「医者の年収は安い」といわれる理由

「医者の年収は安い」といわれる理由の画像

「医者の年収は安い」といわれる理由

他職種と比較すると医者は高収入の部類に入り、医者の平均年収は1160万円と言われています。
これだけ高額な収入を得ている医者ですが、それでも時として給料は「安い」といわれることがあります。
今回は知られざる勤務医の実態と、医者の年収アップの対策を深掘りします。

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのか

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのかの画像

2,000万以上を稼ぐ医者の年収はなぜ高いのか

複数の転職サイトの求人情報から判明した調査結果によりますと、年収が高額となる診療科1位は美容外科・美容皮膚科で、2位が形成外科、そして3位は産科・婦人科になることがわかりました。
これら高額年収の求人は一見良いようにも見えますが、その反面リスクの大きさや就労条件など、トレードオフの関係にあると言えます。

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由の画像

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。
またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 
今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

アルバイトや副業を含んだ医者の年収の分布を見てみます。
すると1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
また、1,000万円~2,000万円までの年収帯は比較的多くいるものの、2,000万円以上になると該当する医師が少ない傾向にあります。
驚くべきは、年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占めていることが分かりました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

一般的には医師は皆高収入というイメージが根強いと思います。
ですが実際の医師の年収はどのくらいになるのかは働く科や条件、そして地域によっても違ってきます。
そして勤務医の場合、ある程度の収入になると頭打ちになり年収2000万以上を得るのは難しいと言われています。
今回は勤務医の平均的な年収や年齢別の年収、そして勤務医の先生が年収を増やすためのヒントをお伝えします

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】の画像

月収200万のフリーランス医師として働く前にデメリット確認を

過去の記事を読んでいただいた先生の中にはフリーランス医師の方が常勤医よりも良いという印象が強くなるかもしれませんが、実は一概にそうでもありません。
特に今、常勤医の先生方にとってフリーランス医師のメリットばかりを重要視して、安易に今の病院を辞めてしまうのは待ったほうがいいかもしれません。
フリーランス医師になるにあたって、事前に共有しておきたい事はメリットよりもデメリットです。

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】の画像

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

フリーランス医師として活躍できる条件は案件情報を常に確認していることとある程度の経験を積んでいることです。
特に案件情報は複数のスポットバイト紹介サイトを確認して自分のスケジュールにあったスポットバイトを入れていくことが必要です。
この記事では案件チェックとフリーランス医師としての経験の2つを考えていきます。

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】の画像

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】

医師の資産形成を考えるあまり、日常生活で必要な分のお金を使えなくなってしまうくらいの節約は逆に生活の質が下がってしまいます。
医師の資産形成と節約のバランスのとり方のヒントは2つあります。
一つは楽天ポイントとスマホ決算の活用で、二つめが毎月の自動積立です。

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】の画像

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】

夫婦が共に医師であれば毎月の投資額が大きく、手持ちにできる資にも余裕があるので無理に個別投資などをしなくとも長期間のインデックス投資の継続で資産形成が狙えると考えます。
無駄な支出を抑える努力は必要ですが、節制のしすぎでQOLを落とすことがない様に投資には余裕を持って継続できる様に工夫しましょう。

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方の画像

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

寝当直バイトの最も効率のいい探し方についてお伝えします。
一番はやはり医師のバイト紹介業者を使って探す事です。
民間医局の求人であればスポットバイトの検索条件に新幹線などが適応になる「遠距離交通費支給」の項目が追加されていますのでうまく活用すれば遠方だけど交通は思ったより楽な案件を探すこともできます。
またマイナビDOCTORでは「ゆったり当直」や「救急対応なし」のカテゴリーがあり、効率よく寝当直バイトを探すことができます。