医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリット

医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリット

医師におすすめの資産運用方法

こんにちは、Dr.KyoJiです。

ここでは医師が行なっていくべき資産運用についてお話ししていきます。

実際の診療で多忙となりやすい医師にとって、どのような資産運用が適しているのでしょうか。
今回は医師におすすめの資産運用やそれぞれのメリットおよびデメリットについてお話しします。

またこのブログでは種々の資産運用を強制したり、ある特定の銘柄、物件の売買を強制するものではございません。

不動産や株式の変動は誰にも予測できないので、あくまでこれらの売買は自己責任になることをご了承ください。

医師が資産運用について真面目になった方がいいワケとは

私の周りでも普段忙しい先生は特にですが、家計の支出に無頓着であったり、資産運用についてほとんど興味がないといった話はよく聞きます。

まずは我々医師が資産運用について興味を持つべき理由についてお伝えします。

一般の社会人と比べ金融リテラシーが低い

医師は一般の社会人と比較するとお金に関する知識が少ない傾向にあります。

医師である職業柄、お金については高所得であることの安心からか、資産運用に関心が向かない人が多いと思われます。

収入が多いだけで満足し、支出を気にせず浪費するのでライフスタイルの変化に伴って貯金がどんどん減るのに気づかない先生も多いです。

このような金融リテラシーの低さはできるだけ早い段階で改善し、資産運用に向けて勉強することが必要です。

資産運用は節税対策にもなる

資産運用を継続するには、いかにうまく節税できるかがポイントとなります。
資産運用の節税効果をうまく活用すればトータルとして何もしない場合よりも多くの節税を達成することができます。
節税に関しては様々な方法がありますが、複数の節約法を組み合わせていくことで結果的に大きな節約につながります。

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】

余剰資金は資産運用へ

現在私はフリーランス医師として各病院に勤務しておりまして、月収はある程度の変動がありますが概ね額面200万前後です。

月に200万も使う機会はありませんので、必然的にある程度の金額が貯まっていきます。

先生方の中には預金通帳に貯まっていく金額で十分と思う方もいると思いますが、一方で「この余剰資金を資産運用に使えないかな」と思う先生方もいると思います。

私自身、生活費以外で余ったお金は積極的に運用に回すようにしています。

資産運用に関しては色々な手段があり、中にはそれなりのリスクを伴ってくるものもあります。

しかし、しっかりと知識を持って運用する事で、出来るだけリスクを抑えてお金を増やしていく事が可能です。

定期預金に給料を入れておくよりは、より多くの利益を生み出す事ができます。

ではその資産運用とは、どのような方法でしょうか?

次は『貯めたお金の運用方法』についてご紹介していこうと思います。

医師にオススメの資産運用法とそのメリット・デメリット

それではどのような資産運用があるのでしょうか?

一言で資産運用と言っても様々な種類がありそれぞれメリット、デメリットがあります。

我々医師にとって一番良い資産運用法を探していきたいですね。一般的に資産運用で知られているものの中には

  • 普通預金、定期預金
  • 外貨定期預金
  • 不動産投資
  • 株式投資
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)
  • インデックス投資

などがあります。

まず抑えておきたい点は、資産運用に「ノーリスクはない」というところです。

どの方法でも資金は増えてきますが、程度はあれどみなリスクがあります。

そのリスクを把握した上で行っていく事になります。

ちなみにリスクを背負わずに即効性を持って資金を増やす方法は非常勤アルバイトになります。

もっともポピュラーな普通・定期預金

まず一番リスクを感じないものは普通預金、定期預金です。

これはもっともポピュラーで資産運用という認識がないと思います。

貯金額に応じて利息が得られ、貯金が減らされるリスクはほとんどありません(いわゆるローリスク)が、その代わり年間の金利も3大メガバンクでは0.001% (2021年1月現在)です。

どの程度かというと、1000万円貯金して100円の利益しか出ず、ほとんど利益にならない額しか増えません。(いわゆるローリターン)

為替のリスクが伴う外貨定期預金

似たようなもので外貨定期預金というものもあります。

外貨預金のメリットは金利に加え為替差益が得られるというところです。

金利に関しては、外国の通貨の方が円よりも金利が高い傾向にあるので、円預金よりも高い金利が期待できます。

標準金利は0.100%と言われています。(2021年1月現在)

反対に外貨預金はその為替によるリスクも存在します。

為替差損と言いまして、預入時よりも払戻時の為替レートが円高の場合には為替差損を被ります。

また外貨預金の取引をするには所定の為替コストがかかります。

不労所得になるがリスクも高い不動産投資

不労所得といえば、不動産投資をイメージする人が多いと思います。

これはマンションやオフィスビルを購入すれば、毎月数%の家賃収入が得られる所以です

一般的にマンション投資の利回りは45と言われており、通預金の金利が0.001%であることを考えると非常に高い利回りとなります。

また不動産投資は購入時に不動産取得税や登録税などの税金がかかりますが、1物件あたり1200万円までの税金控除があり節税にも繋がると言われています。

このようにハイリターンな不動産投資ですが、それに伴ってリスクもそれなりになります。

例えば不動産を売却した場合、仲介手数料や印紙代、抵当権抹消登記費用、ローン完済、譲渡益課税といった費用が掛かるため、売却額が利益になるわけではないので場合によっては赤字になることもあります。

また人に貸して家賃収入としての利益を得る場合でもその住人による火災や物件の破損、また自殺のリスク、家賃未払いのリスクなど様々なリスクが伴います。

流動性が低いと簡単にその物件が埋まる保証もなく、空家が続くとその分収入が得られないなどのリスクも伴います。

注目度が高い株式投資

株式投資とは証券会社を通して株式を買うことです。
株式会社発行の株式に資金を投じて株主となることで、株主権を取得できます。
最近では株式投資に関する情報が多く、資産運用として注目する医師が多いです。

株式投資のメリットは、株を売却することで得られる利益に期待できる点と言えます。

株価は常に変動しており、取得した時点での株価よりも値上がりしたタイミングで売却することでその分の利益を得ることができます。

また株式投資をするメリットのひとつとして、銘柄によっては保有株数に応じて株主優待や配当金を受け取れる場合もあることです。

つまり売却しなくても保有しているだけで一定期間ごとに配当金が入ったり株主優待を受けたりすることができます。

一方で株式投資のデメリットとしては、初期投資額が比較的高額になりがちである点です。

あとで述べます投資信託や純金積立と比べてみると、株式投資の初期投資額が高いと言われています。

また株価は常に変動しているので、購入時の価格より値上がりもしますが、値下がりもします。

そのため予想どおりの売買が成立せず、場合によってはマイナスになる(損切り)こともあります。

株価の変動は世の中の様々な出来事に影響されるため、初心者が簡単に株価を予想して多額の利益を生むのは難しいかもしれません。

毎月定額積立の個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)も医師の資産運用として有力です。

掛金は月々5,000円からで、1,000円単位で設定することができ、国民年金の被保険者種別、また企業年金の加入状況により掛金額の上限が異なってきます。

勤務医は大抵月々の上限が23,000円であることがほとんどです。

この資金から投資信託や定期預金などの商品を購入し、運用していくことになります。

iDeCoの主なメリットは所得控除と運用非課税の2つです。

所得控除とは、仮にiDeCoで年間積立上限額276,000円を積立てた場合、積立金額全額についての所得を控除(なかったもの)とすることができ絶大な節税効果を生みます。

また売却後の課税取り扱いは非常に有利です。iDeCoは常に非課税での運用継続が可能なため、運用の見直しなど常に非課税のまま実行できます。

逆にiDeCoの最大のデメリットとしては60歳未満の引出しは原則できないというところです。

そのため不測の事態で資金不足に陥っても引き出して資金にすることができないので注意が必要です。

また口座開設や維持にも手数料がかかります。

iDeCoは長期に渡る投資隣、トータルで発生する手数料は高額になるので、手数料を加味した金融機関選びが重要となります。

iDeCoについての詳しい解説は以下の記事を参考にしてください。

医師のためのiDeCoの3つの絶大な節税効果とは

医者が無理なく資産を運用するインデックス投資

ご紹介したようにいくつかの資産運用法がありますが、リターンが低すぎるものや、逆にリスクが大きくて日々の診療に支障が出てしまう恐れがある運用などもあります。

私もそうですが、資産運用をなるべく安全に行うにはできるだけ医者である事のメリットを生かしつつ、最もローリスクな手段を選択するべきと考えます。

自分が独学で資産運用について調べた中で、時間のない医者が資産運用をしていくにはインデックス投資がもっとも適しているという結論に至りました。

それではインデックス投資とはどのようなものかについて簡単にご説明します。

インデックス投資とは、主要な経済指標と連動するように運用されているインデックスファンドに対して投資をすることです。

例えば最も有名な日経平均株価連動型のインデックスファンドであれば、日経225と呼ばれる主要な225の銘柄へ均等に投資をするので、その平均値は日経平均株価と全く同じになります。

その国の株式市場、その国の不動産市場、その国の経済全体、といった具合に個別の銘柄や投資商品ではなく、もっと大きなカテゴリー全体、そしてそれを示す経済指標に対する投資をするのがインデックス投資です。 

インデックス投資のリターンについて考えてみます。前提として世界経済はマクロの視点で見ると常に成長しているという考えを持ちます。

つまり、主要な経済指標と連動するインデックス投資に投資すれば、世界経済が成長を続ける限り儲けが出る、という考えになります。もちろんこれはその年によって変動はあります。それでも年間の金利は3-5%程度と言われています。

デメリットとして考えられることは、インデックス投資は分散投資になるので、ある個別銘柄の株価が爆上がりした時に得られるようなハイリターンが得られない、といったところです。

メリット・デメリットを理解した上で医師の資産運用を

このように様々な資産運用の形態がありますが皆それぞれのリターン、リスクがあります。

自分が独学した中ではインデックス投資がもっとも今の自分にあっていると思い日々余剰資金をインデックス投資に回しています。

もちろん他の投資を否定しているわけではなく、実際私も株式投資とiDeCoは同時に行なっています。

不動産投資をメインに行なっている先生もおられますし、資産の運用方法はその人にあったやり方があります。

そのため、これから資産運用を始めたい、資産運用について勉強したいと思う先生方に「こんな資産運用の仕方があるんですよ」という趣旨が伝わればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

合わせて読みたい記事

「医者の年収は安い」といわれる理由

「医者の年収は安い」といわれる理由の画像

「医者の年収は安い」といわれる理由

他職種と比較すると医者は高収入の部類に入り、医者の平均年収は1160万円と言われています。
これだけ高額な収入を得ている医者ですが、それでも時として給料は「安い」といわれることがあります。
今回は知られざる勤務医の実態と、医者の年収アップの対策を深掘りします。

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのか

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのかの画像

2,000万以上を稼ぐ医者の年収はなぜ高いのか

複数の転職サイトの求人情報から判明した調査結果によりますと、年収が高額となる診療科1位は美容外科・美容皮膚科で、2位が形成外科、そして3位は産科・婦人科になることがわかりました。
これら高額年収の求人は一見良いようにも見えますが、その反面リスクの大きさや就労条件など、トレードオフの関係にあると言えます。

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由の画像

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。
またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 
今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

アルバイトや副業を含んだ医者の年収の分布を見てみます。
すると1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
また、1,000万円~2,000万円までの年収帯は比較的多くいるものの、2,000万円以上になると該当する医師が少ない傾向にあります。
驚くべきは、年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占めていることが分かりました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

一般的には医師は皆高収入というイメージが根強いと思います。
ですが実際の医師の年収はどのくらいになるのかは働く科や条件、そして地域によっても違ってきます。
そして勤務医の場合、ある程度の収入になると頭打ちになり年収2000万以上を得るのは難しいと言われています。
今回は勤務医の平均的な年収や年齢別の年収、そして勤務医の先生が年収を増やすためのヒントをお伝えします

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】の画像

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】

医師の資産形成を考えるあまり、日常生活で必要な分のお金を使えなくなってしまうくらいの節約は逆に生活の質が下がってしまいます。
医師の資産形成と節約のバランスのとり方のヒントは2つあります。
一つは楽天ポイントとスマホ決算の活用で、二つめが毎月の自動積立です。

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】の画像

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】

夫婦が共に医師であれば毎月の投資額が大きく、手持ちにできる資にも余裕があるので無理に個別投資などをしなくとも長期間のインデックス投資の継続で資産形成が狙えると考えます。
無駄な支出を抑える努力は必要ですが、節制のしすぎでQOLを落とすことがない様に投資には余裕を持って継続できる様に工夫しましょう。

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】の画像

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】

医師の資産形成において長期投資を考えるなら研修医の頃からつみたてNISAをすることがオススメです。
仮に、若手研修医が毎月33,000円を4%の利回りでつみたてNISAの最長期間の20年間運用した場合を考えます。
買った株を一度も売却せずに保有していた場合、元本は約792万円になり、運用額は約1,204万円になります。
この場合、投資によって得られる利益は約412万円になります。

医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリット

医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリットの画像

医師に適した資産運用とは?資産形成のメリット・デメリット

医師は一般の社会人と比較するとお金に関する知識が少ない傾向にあります。
医師である職業柄、お金については高所得であることの安心から資産運用に関心が向かない人が多いと思われます。
医師に適した資産運用のメリット、デメリットを余すとこなくお伝えします。

【リスク】医師の「資産形成」、始める前の注意点【利益の税率】

【リスク】医師の「資産形成」、始める前の注意点【利益の税率】の画像

【リスク】医師の「資産形成」、始める前の注意点【利益の税率】

医師が資産形成を始める前の注意点として、現在の自分の支出を見直し、どの支出を減らせば良いのかを客観的に把握することです。
いくら収入が高くても、不要なところで多くの支出があっては資産形成はできません。
出ていくお金を透明化し把握して、不要な支出をとことん減らすことが資産形成の第一歩になります。

医師の資産形成で投資信託を選ぶ際のポイントはココ!

医師の資産形成で投資信託を選ぶ際のポイントはココ!の画像

医師の資産形成で投資信託を選ぶ際のポイントはココ!

医師の資産形成においてインデックス投資などの投資信託を選ぶ時の注意点としては、
同じ指数に連動する商品の中から最も低コストな信託投資を選ぶ
純資産総額の金額とその伸びをチェック
実際のインデックスとの乖離(トラッキングエラー)をチェック
の3つに注意することが重要です。

勤務医が開業医並みに稼ぐ3つの条件

勤務医が開業医並みに稼ぐ3つの条件の画像

勤務医が開業医並みに稼ぐ3つの条件

巷にはたくさんの資産形成に関する情報があふれています。
しかし、我々医師の目線で実体験に基づいて資産形成を語っている情報はほとんどありませんでした。
フリーランス医の立場から勤務医が開業医並みに稼ぐ3つの条件はズバリ・・・