コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍と医者の年収の関係

こんにちは、Dr.KyoJiです。

現在フリーランス医師として活動し、常勤医時代以上の稼ぎを得ています。

今回はコロナ禍で医者の年収がどうなるかについてお話しします。

以前の記事では医者の年収の仕組みについてお伝えしてきました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

そこで今回は医者の年収がこのコロナ禍でどのように変化するのかについてアンケートを元に考察していきます。

新型コロナウイルスと医療業界の関係

新型コロナウイルス感染症拡大により、多くの企業や職種がさまざまな影響を受けています。

中でも大きな影響を受けた業界で一番話題になっているのが医療業界です。

感染リスクに晒されながらコロナウイルスの治療にあたる医療従事者は、心身ともに相当な負担を強いられています。

さらに救急搬送数自体が減っており、急性期病院の患者数が減るなど、病院経営自体が赤字になる病院が数多く存在します。

病院自体の経営が悪化すれば、当然医者の給料にも影響が出ることが予想されます。

そこで、1046名の医師を対象にした「お金に関するアンケート」を元に医者の年収にどの程度影響が出ているのかを見てみましょう。

ほとんどの世代の医師の2019年の年収は「1001万円~1500万円」が最多

2019年度の医者の年収については、年代別で一番多かった回答として

  • 20代が1000万円以下(86%)
  • 50代以外の30代と40代、60代、70代が1001万円~1500万円(52%・38%・28%・48%)
  • 50代が1501万円~2000万円(29%)

という結果でした。

「3001万円~」の高収入帯は30代が1%、40代と50代が5%、60代が12%となっています。

70代以上は「1000万円以下」が29%、「1001万円~1500万円」が38%、「1501万円~2000万円」が18%、「2001万円~3000万円」が15%という結果でした。

この結果を見ると、年齢とキャリアが重なるにつれて医者の年収は上がり、40代・50代でピークを迎えています。 

その一方で、勤務医の定年が65歳のため、60代以降は年収にばらつきが見られます。

これは定年後に仕事を抑える医師と開業医のように定年という概念がなくそのまま働き続ける医師がいるためです。

4割の医師が「年収は減る」と回答していた

ここまでは一般的な年代別の医者の年収を見てきました。

それでは、新型コロナで医者の収入は影響を受けるのでしょうか? 

なんと「コロナによって2020年の年収はどう変化すると思いますか」という質問では、「変わらない(46%)」という回答が最多でした。

自分の勤務病院以外にもアルバイトやスポットバイトを取り入れて収入を維持する先生が多いためと考えられます。

その一方で、「年収は減る」と回答した先生は41%という結果でありました。

年代別に見ると、「年収は減る」と回答した医師の年代は50代以上で、50代で47%、60代で46%、70代で50%と、いずれも5割前後の医師が年種が減ると回答しています。

「年収は減る」と答えた理由については、「業績悪化によって賞与や手当が減ったため(48%)」が最も多く、その次が「残業やアルバイトの頻度が減ったため(42%)」が続きました。

 

アルバイトの減少については以前から指摘されていますが、このように医者の年収にも影響が出ていることがわかりました。

医者のアルバイトに関しては実は複数の大手サイトで常に募集があり、登録することで自分にあった案件を探すことができます。

自分が使って収入を保てているサイトは以下になりますのでもしアルバイトが減少した先生がおられましたら是非活用してください。

医師のバイト探しなら「医師バイトドットコム」

【民間医局】の医師求人情報

医者は年収減で節約傾向へ

次に医者のお金の使い方についてのアンケートを確認してみます。

「コロナによって、お金の使い方は変わりましたか」という質問では「コロナ前より使わなくなった」と答えた人が52%に上りました。

「コロナ前と変わらない」は43%、「コロナ前より使うようになった」はわずか5%でありました。

 

それでは半数以上の医師が以前よりお金を使わなくなった理由とは何なのでしょうか。

その理由については「外出や外食の頻度が減ったため」が80%と圧倒的に多く、2位の「節約や貯金を考えるようになったため」は7%、3位の「収入が減ったため」は6%とほとんどの理由として外に出る機会が減ったことによるものでした。

二度の緊急事態宣言の発令に伴う外出自粛、また病院から会食を禁止されている事も多く、お金を使う機会が減ってしまったことが大きな理由と考えられます。

  • そのほかにも
  • 「お金を使う気分ではないため」
  • 「落ち着いて考えた時に、今まで不要なものを買っていたと気付いたから」

といったように環境の変化によってお金の使い方に対する考えが変わった医師も見られます。

医者の4割が「今年の年収は減る」と回答

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。

またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 

今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。 

終わりの見えないこのコロナ禍、これまで以上に我々一人一人が自覚意識を持って改善に向け頑張っていく必要がありますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方の画像

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

今回は、緊急事態宣言下でのGWは外出ができないので稼げるときに稼いでしまおうという精神でスポットバイトをこなすメリットについてお話しします。
GW中のスポット案件は今もメールで届きます。
また普段は募集を出していないような病院でも長期休暇の際に募集を出すこともあり、案件の総数は増えています。

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者が年収アップのために行動するべき5つのことの画像

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者の年収は一般企業のサラリーマンに比べると高額となりますが、医師の中でも年齢や役職、勤務病院によって年収に大きな差があるため、医師の中では一括りに高いとは言えないです。 
勤務医時代の私を含め「給料が低い」と感じている先生が多く、どうやったら年収をアップできるか、いろいろ検討している先生も多いと思います。
ある程度短期間で年収を上げ、生活環境の整える方法として転職やフリーランスがおすすめです。
フリーランス医師について知りたい先生は、このブログでは私のフリーランス医師の感想をお伝えしていますのでぜひ参考にしてください。

「医者の年収は安い」といわれる理由

「医者の年収は安い」といわれる理由の画像

「医者の年収は安い」といわれる理由

他職種と比較すると医者は高収入の部類に入り、医者の平均年収は1160万円と言われています。
これだけ高額な収入を得ている医者ですが、それでも時として給料は「安い」といわれることがあります。
今回は知られざる勤務医の実態と、医者の年収アップの対策を深掘りします。

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのか

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのかの画像

2,000万以上を稼ぐ医者の年収はなぜ高いのか

複数の転職サイトの求人情報から判明した調査結果によりますと、年収が高額となる診療科1位は美容外科・美容皮膚科で、2位が形成外科、そして3位は産科・婦人科になることがわかりました。
これら高額年収の求人は一見良いようにも見えますが、その反面リスクの大きさや就労条件など、トレードオフの関係にあると言えます。

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由の画像

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。
またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 
今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

アルバイトや副業を含んだ医者の年収の分布を見てみます。
すると1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
また、1,000万円~2,000万円までの年収帯は比較的多くいるものの、2,000万円以上になると該当する医師が少ない傾向にあります。
驚くべきは、年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占めていることが分かりました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

一般的には医師は皆高収入というイメージが根強いと思います。
ですが実際の医師の年収はどのくらいになるのかは働く科や条件、そして地域によっても違ってきます。
そして勤務医の場合、ある程度の収入になると頭打ちになり年収2000万以上を得るのは難しいと言われています。
今回は勤務医の平均的な年収や年齢別の年収、そして勤務医の先生が年収を増やすためのヒントをお伝えします

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】の画像

月収200万のフリーランス医師として働く前にデメリット確認を

過去の記事を読んでいただいた先生の中にはフリーランス医師の方が常勤医よりも良いという印象が強くなるかもしれませんが、実は一概にそうでもありません。
特に今、常勤医の先生方にとってフリーランス医師のメリットばかりを重要視して、安易に今の病院を辞めてしまうのは待ったほうがいいかもしれません。
フリーランス医師になるにあたって、事前に共有しておきたい事はメリットよりもデメリットです。

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】の画像

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

フリーランス医師として活躍できる条件は案件情報を常に確認していることとある程度の経験を積んでいることです。
特に案件情報は複数のスポットバイト紹介サイトを確認して自分のスケジュールにあったスポットバイトを入れていくことが必要です。
この記事では案件チェックとフリーランス医師としての経験の2つを考えていきます。

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】の画像

【投資】医師の資産形成の鍵は節約の自動化【資産運用】

医師の資産形成を考えるあまり、日常生活で必要な分のお金を使えなくなってしまうくらいの節約は逆に生活の質が下がってしまいます。
医師の資産形成と節約のバランスのとり方のヒントは2つあります。
一つは楽天ポイントとスマホ決算の活用で、二つめが毎月の自動積立です。

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】の画像

【資産形成】医師が夫婦で資産運用をするとどうなるか【長期投資】

夫婦が共に医師であれば毎月の投資額が大きく、手持ちにできる資にも余裕があるので無理に個別投資などをしなくとも長期間のインデックス投資の継続で資産形成が狙えると考えます。
無駄な支出を抑える努力は必要ですが、節制のしすぎでQOLを落とすことがない様に投資には余裕を持って継続できる様に工夫しましょう。

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方の画像

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

寝当直バイトの最も効率のいい探し方についてお伝えします。
一番はやはり医師のバイト紹介業者を使って探す事です。
民間医局の求人であればスポットバイトの検索条件に新幹線などが適応になる「遠距離交通費支給」の項目が追加されていますのでうまく活用すれば遠方だけど交通は思ったより楽な案件を探すこともできます。
またマイナビDOCTORでは「ゆったり当直」や「救急対応なし」のカテゴリーがあり、効率よく寝当直バイトを探すことができます。