【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】

こんにちは、Dr.KyoJiです。

現在はフリーランス医師として複数の病院の外来・手術業務を行いつつ、高額案件の日当直バイトを受け、収入を伸ばしています。

このブログでは医師の資産形成に関する総合情報を発信していまして、医師が普段の勤務以外にどのようにして収入を増やすか、また増やした収入をどのように運用するかについての記事を書いています。

医師が即効性を持って、かつ大幅な収入アップを見込むには、自分のように「高額な日当直バイがオススメです。

どのようにして高額案件をゲットするかは下の記事でご紹介しています。

 

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方の画像

バイト月収200万の医師が語るゴールデンウィークの医師のアルバイトの稼ぎ方

今回は、緊急事態宣言下でのGWは外出ができないので稼げるときに稼いでしまおうという精神でスポットバイトをこなすメリットについてお話しします。
GW中のスポット案件は今もメールで届きます。
また普段は募集を出していないような病院でも長期休暇の際に募集を出すこともあり、案件の総数は増えています。

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者が年収アップのために行動するべき5つのことの画像

医者が年収アップのために行動するべき5つのこと

医者の年収は一般企業のサラリーマンに比べると高額となりますが、医師の中でも年齢や役職、勤務病院によって年収に大きな差があるため、医師の中では一括りに高いとは言えないです。 
勤務医時代の私を含め「給料が低い」と感じている先生が多く、どうやったら年収をアップできるか、いろいろ検討している先生も多いと思います。
ある程度短期間で年収を上げ、生活環境の整える方法として転職やフリーランスがおすすめです。
フリーランス医師について知りたい先生は、このブログでは私のフリーランス医師の感想をお伝えしていますのでぜひ参考にしてください。

「医者の年収は安い」といわれる理由

「医者の年収は安い」といわれる理由の画像

「医者の年収は安い」といわれる理由

他職種と比較すると医者は高収入の部類に入り、医者の平均年収は1160万円と言われています。
これだけ高額な収入を得ている医者ですが、それでも時として給料は「安い」といわれることがあります。
今回は知られざる勤務医の実態と、医者の年収アップの対策を深掘りします。

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのか

2,000万以上を稼ぐ医者の年収がなぜ高いのかの画像

2,000万以上を稼ぐ医者の年収はなぜ高いのか

複数の転職サイトの求人情報から判明した調査結果によりますと、年収が高額となる診療科1位は美容外科・美容皮膚科で、2位が形成外科、そして3位は産科・婦人科になることがわかりました。
これら高額年収の求人は一見良いようにも見えますが、その反面リスクの大きさや就労条件など、トレードオフの関係にあると言えます。

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

コロナ禍で医者の年収が減少する理由の画像

コロナ禍で医者の年収が減少する理由

この調査により、病院悪化やアルバイトの減少で4割の先生が「医者の年収が減った」と感じていることがわかりました。
またお金の使い方についても現在の自粛の状態を反映してお金を使わない傾向にあることもわかりました。 
今回は医者の年収について注目しましたが、コロナ禍における不安や生活の変化は、医者だけでなくほとんどの人が感じています。

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】の画像

医者の実際の年収は1500万円?【3000万超も可能】

アルバイトや副業を含んだ医者の年収の分布を見てみます。
すると1,400~1,600万円が12.9%で最も多く、それとほぼ並んで1,600~1,800万円が12.7%という結果となっています。年収の中央値は1,700万円となっています。
また、1,000万円~2,000万円までの年収帯は比較的多くいるものの、2,000万円以上になると該当する医師が少ない傾向にあります。
驚くべきは、年収3,000万円以上の医師も全体の5.8%を占めていることが分かりました。

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】の画像

【医者の年収】勤務医が年収2000万円超を目指すためには【頭打ち】

一般的には医師は皆高収入というイメージが根強いと思います。
ですが実際の医師の年収はどのくらいになるのかは働く科や条件、そして地域によっても違ってきます。
そして勤務医の場合、ある程度の収入になると頭打ちになり年収2000万以上を得るのは難しいと言われています。
今回は勤務医の平均的な年収や年齢別の年収、そして勤務医の先生が年収を増やすためのヒントをお伝えします

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】

月収200万のフリーランス医師として働く前に【メリット/デメリット】の画像

月収200万のフリーランス医師として働く前にデメリット確認を

過去の記事を読んでいただいた先生の中にはフリーランス医師の方が常勤医よりも良いという印象が強くなるかもしれませんが、実は一概にそうでもありません。
特に今、常勤医の先生方にとってフリーランス医師のメリットばかりを重要視して、安易に今の病院を辞めてしまうのは待ったほうがいいかもしれません。
フリーランス医師になるにあたって、事前に共有しておきたい事はメリットよりもデメリットです。

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】の画像

【月収200万】フリーランス医師が活躍できる条件とは【自由な時間】

フリーランス医師として活躍できる条件は案件情報を常に確認していることとある程度の経験を積んでいることです。
特に案件情報は複数のスポットバイト紹介サイトを確認して自分のスケジュールにあったスポットバイトを入れていくことが必要です。
この記事では案件チェックとフリーランス医師としての経験の2つを考えていきます。

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方の画像

フリーランスが実践する最も効率的な医師の寝当直バイトの探し方

寝当直バイトの最も効率のいい探し方についてお伝えします。
一番はやはり医師のバイト紹介業者を使って探す事です。
民間医局の求人であればスポットバイトの検索条件に新幹線などが適応になる「遠距離交通費支給」の項目が追加されていますのでうまく活用すれば遠方だけど交通は思ったより楽な案件を探すこともできます。
またマイナビDOCTORでは「ゆったり当直」や「救急対応なし」のカテゴリーがあり、効率よく寝当直バイトを探すことができます。

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリット

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリットの画像

フリーランス医師の収入アップに高額アルバイトを厳選するメリット

医師の高額案件バイトをやって1年ほど経過したので良かったことを少しまとめてお話ししようと思います。
収入アップには医師のバイトは厳選して選んでいくべきです。
そこで今回はフリーランス医師の経験をもとに、医師の高額バイトを厳選するとどのようなメリットがあるかについてお伝えします。

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイント

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイントの画像

医師の高額バイト相場を比較する3つのポイント

今回は複数ある医師のバイト案件の中から相場のいいものを選ぶための比較ポイントを3つお伝えします。
現実にはなかなか割りのいいバイトを定期的にゲットするのは難しいかもしれませんが、上記の3点に気をつければ比較的割りのいいところを選ぶことができます。
医師のバイトで案件の比較に迷ってる先生がいましたら是非ご活用いただければ幸いです。

また、高額日当直を受けられやすいオススメの大手サイトはこちらになりますので、是非無料登録して案件確保に役立ててください。





医師の資産形成において絶対に活用したいものの一つに「節税」があります。

その節税の中でも今回はiDeCoについてお話ししていきます。

iDeCoについて

iDeCoについて簡単に確認しておきましょう。

iDeCoは、我々が日々の給料から支払っている基礎年金、厚生年金保険などの公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつです。

つまり国の年金制度だけでなく、「自分で年金の積み立てを作っていく」という制度です。

そしてなぜこれが節税になるかというとiDeCoによる毎月の積立額の全額が所得控除になる、つまり「住民税」と「所得税」がiDeCoの積立額分軽減されるのです。

また、積立金の運用や受け取り時にも非課税効果があり、まさにiDeCoは税金が高い我々医師にぴったりの節税対策と言えます。

iDeCoについて詳しくまとめた記事はこちらですので是非読んでください。

医師のためのiDeCoの3つの絶大な節税効果とは

iDeCoはいつから始めればいいか

という疑問が出るかと思いますが、答えは「今すぐに」です。

という質問を受けることがあります。

結論から言いますと、研修医を終わればバイトを組み合わせて収入が少なくとも年収1000万円程度になるので、iDeCoに加入するべきと思います。

また、もし将来的に大学院進学や開業を考えているのであれば、その間はiDeCoの掛け金が毎月68000円となりさらに絶大な節税効果が現れます。

なので、いつからiDeCoをやればいい?という質問に対してはほとんどすべて「今から」という回答になります。

iDeCoは収入が減少する大学院生の節税の味方

先生方は医師キャリアのどこかのタイミングで学位取得のために大学院へ通う方が多いと思います。

大学院に入るとその時の収入は主にアルバイトに依存しなければならず、場合によっては常勤医の時よりも収入が減ったり、また減らなくても精神的にどこか不安になることがあるかもしれません。

そんな時に使えるのがiDeCoです。

大学院生の先生の場合、最高額の月に68000円まで拠出することができますので、年間に直すと816,000円。これが丸々所得税の控除対象になります。

大学院生でもバイト生活でもだいたいは課税所得金額が900万円は超えているものと思われます。

課税所得金額が900万円を超える場合、所得税率は33%、住民税率は10%なので816000円x (0.33+0.10)= 35万円の節税になるわけです。

これは利用しない手はないと思います。

年収900万を超えると合計43%も税金で取られていく事実

医者の多くは年収が900万を超えるので、所得税と住民税を合わせて合計43%も税金をとられています。

iDeCoで節税できる最大金額を手取り35万円で稼ごうするなら、当直バイトで額面計算60万円くらい稼がなければいけません。

これは流石に高額案件としてもなかなかの労働になります。

こうやって考えてみると、いかにiDeCOの節税効果が医者にとって有利かと思います。


年収900万を超えるなら、iDeCoに加入しておくべき

上記の理由から、自分はiDeCoに加入すべきは年収900万を超えることが十分見込まれる場合、強く推奨できると思います。

医者の場合、年収が900万を超えるのは大多数が初期研修を終わり後期研修になった時点かと思います。

そのため研修医のうちからiDeCoに加入し、3年目以降の節税対策とすることは非常に有効な手段だと思います。

また勤務医の場合、掛け金の上限が年間144000円~276000円と大学院生にくれべたら下がりますが、それでも年間10万円前後の節税になります。

60歳でiDeCoを、5年空けて職場の退職金を受け取るのがベスト

また退職時の所得控除を最大限に活用するため、iDeCoと職場の退職金は時期をずらして受け取ることをお勧めします。

具体的には以下のようにするのがいいでしょう。

医師は一般的に65歳での退職が多いので、65歳退職を原則としたお話としますと

  1.  60歳時にiDeCoを全額受け取る
  2.  65歳時に職場の退職金を受け取る

がベストになります。

この理由は下で詳しく述べます。

65歳退職の医者はiDeCoを有効活用

このようにiDeCoと退職金を分ける必要がある理由は

同じ時期に複数の退職金を受け取ると、退職所得控除の枠が重なってしまい多額の税金が引かれてしまうためです。

つまり

  1.  iDeCoなどの確定拠出年金は、過去14年以内に他の退職金の受取が存在すると損をする
  2.  退職金は、過去4年以内に他の退職金の受取が存在すると損をする

 

以上の2点を考慮すると、iDeCo受け取りから5年以上経過すれば新たに退職所得控除が利用可能になります

1の方が受け取り時の税金控除の条件が厳しいので、仮にiDeCoを60歳で受け取るとしたら45歳以前に退職しなければならなくなります。

2の方がiDeCoを60歳時に受け取ってしまえば、そこから5年空けて別の退職金を受け取れば問題ありません。

よって、60歳時にiDeCo、65歳時に職場の退職金受取がベストです。

今後税制が変わるかもしれませんが、現状ではiDeCOを先に、退職金は65歳以降でもらうべきです。

60歳退職なら、iDeCo受給タイミングは1年でも遅い方が良い

では60歳での退職の先生はどうすればいいでしょうか?

その答えは「iDeCoの受給を1年でも遅らせる」です。

職場の退職金とiDeCoを同じ年に受け取ると上記のように税金が多くかかります。

退職金の課税所得は他と違い

「(退職金収入 − 退職所得控除)x 0.5」

しか課税所得になりません。

ただし、同じ年に職場の退職金とiDeCoを両方受け取ってしまうと、退職金収入が非常に大きくなってしまいますので、この所得税率が上がってしまいます。

1年でもずらせば退職金収入の部分が職場の退職金とiDeCoで別々の年に計算されますので、税金の合計金額を抑えることが可能です。

 

まとめ:医者ならiDeCoは「今すぐ」するべき

ということでまとめです。

iDeCoは収入が早期に上昇する医者にとって非常に有効な節税ツールのうちの一つです。

そのほかの節税対策と比較して、始めやすい制度でもありますので、迷っている方は是非今からでも始めましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

合わせて読みたい記事

「医者の年収は安い」といわれる理由

「医者の年収は安い」といわれる理由の画像

「医者の年収は安い」といわれる理由

他職種と比較すると医者は高収入の部類に入り、医者の平均年収は1160万円と言われています。
これだけ高額な収入を得ている医者ですが、それでも時として給料は「安い」といわれることがあります。
今回は知られざる勤務医の実態と、医者の年収アップの対策を深掘りします。

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】の画像

研修医に絶対オススメ!つみたてNISAで投資を始めよう【医師の資産形成】

医師の資産形成において長期投資を考えるなら研修医の頃からつみたてNISAをすることがオススメです。
仮に、若手研修医が毎月33,000円を4%の利回りでつみたてNISAの最長期間の20年間運用した場合を考えます。
買った株を一度も売却せずに保有していた場合、元本は約792万円になり、運用額は約1,204万円になります。
この場合、投資によって得られる利益は約412万円になります。

【仕事】30代までにやらないと後悔すること5選【副業】

【仕事】30代までにやらないと後悔すること5選【副業】の画像

【仕事】30代までにやらないと後悔すること5選【副業】

「やらない後悔は一生残る」という事実とその原因についてこの記事で紹介します。
次に「30代のうちに向き合っておくべきこと」5項目を論文を元に紹介していきます。
私自身これらの論文を読んで非常に納得できる部分がありました。
みなさんも共感してくれると嬉しいです。

【節税】楽天を使ったふるさと納税の仕方【お得】

【節税】楽天を使ったふるさと納税の仕方【お得】の画像

【節税】楽天を使ったふるさと納税の仕方【お得】

様々なふるさと納税サイトがありますが、ふるさと納税制度をお得に活用するなら、楽天ふるさと納税サイトから行うのがベストなのです。
その理由は楽天スーパーポイントをたくさん貯めることができるからです。
ふるさと納税制度は自己負担額2000円から参加することができますが、楽天からのふるさと納税で2000円どころかそれ以上のポイントをGETすることができます。

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】の画像

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】

医師、特に勤務医の先生が節税するポイントは何と言っても「所得税控除」です。
所得税はその人の1年間の収入に応じて税率が決まります。
医師は一般的に高所得になるのでその分税率も高いですが、逆に、所得税控除をうまく使えればかなりの節税になります。
それではどの項目で節税が可能か、ひとつひとつ解説します。

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】の画像

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】

結論から言いますと、研修医を終わればバイトを組み合わせて収入が少なくとも年収1000万円程度になるので、iDeCoに加入するべきと思います。
また、もし将来的に大学院進学や開業を考えているのであれば、その間はiDeCoの掛け金が毎月68000円となりさらに絶大な節税効果が現れます。
なので、いつからiDeCoをやればいい?という質問に対してはほとんどすべて「今から」という回答になります。

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】の画像

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】

資産形成と聞くと、複雑なイメージを持つ方が多いですが、簡単に考えると次の3つの概念を意識すればいいのです。

収入を増やす
支出を減らす
運用利回りを上げる

簡単にいうと「入ってくるお金を増やし、出ていくお金を少なくし、増えるお金の割合を高くする」ということです。

医師のためのiDeCoの3つの絶大な節税効果とは

医師のためのiDeCoの3つの絶大な節税効果とはの画像

医師のためのiDeCoの3つの絶大な節税効果とは

こんにちは、Dr.KyoJiです。今回は医師にオススメできるiDeCo(イデコ)のメリットについてお話しします。 皆さんはiDeCoというものをご存知でしょうか? 簡単にいうとオーダーメ...