記事一覧

新型コロナ感染拡大で医者の転職が急増加

新型コロナ感染拡大で医者の転職が急増加の画像

新型コロナ感染拡大で医者の転職が急増加

医師の転職の際に色々な面で助けてくれるキャリアエージェント。
この記事では転職の際のキャリアエージェントのメリットデメリットとオススメの転職会社を紹介します。

【バイトも】医師の定期非常勤、教えます【転職も】

【バイトも】医師の定期非常勤、教えます【転職も】の画像

【バイトも】医師の定期非常勤、教えます【転職も】

分の収入の大半は定期非常勤アルバイトによるもので、これに加えて空いてるスケジュールに日当直をスポットバイトを入れて収入を補っている状態です。

ただ、これもいきなり軌道に乗って安定したわけではなく、ある程度の試行錯誤をしながら徐々に収入の基盤になるような案件を確保していった経緯があります。

【単発】マイナビ看護師で新しい人生を模索する【転職】

【単発】マイナビ看護師で新しい人生を模索する【転職】の画像

【単発】マイナビ看護師で新しい人生を模索する【転職】

今回はコロナで浮き彫りになった医療従事者の働き方を考えるとともに、いくつかの看護師の案件紹介サイトから単発バイト/転職に焦点を絞ってオススメのサイト、マイナビ看護師を紹介していきたいと思います。

求人案件からみた実際の看護師の副業ランキング

求人案件からみた実際の看護師の副業ランキングの画像

求人案件からみた実際の看護師の副業ランキング

今回は、看護師にオススメの3つの副業をランキング形式でお伝えしたいと思います。

これは実際に副業をやっている看護師の方からの意見や実際の大手紹介サイトの求人数から出したランキングなのでぜひ最後まで読んでください。

緊急事態宣言に備え医師転職サイトに登録すべき理由

緊急事態宣言に備え医師転職サイトに登録すべき理由の画像

緊急事態宣言に備え医師転職サイトに登録すべき理由

院内クラスターによって外勤が禁止されたり、濃厚接触者に認定され自宅待機となったために収入が減っている先生も出てきています。
そんな状況で
状況を見て転職したいと考えている
現状のままの仕事が不安
条件のいい病院に就職したい
と思っている先生方は多いと思います。
そこで、転職は考えているんだけど、いまいちイメージがわかない、転職の仕方が分からないという先生は

SPYD】配当3.4~8.6%の高配当型ETFが資産運用の鍵

SPYD】配当3.4~8.6%の高配当型ETFが資産運用の鍵の画像

【SPYD】配当3.4~8.6%の高配当型ETFが資産運用の鍵

今回は米国ETFの中でも高配当株式ETFのSPYDについてのメリット・デメリットをこのブログでお伝えします。
SPYDは高配当重視で資産運用したいという方には非常に有効なETFだと思います。
特に月々の投資額を多く設定できる医師の方にはキャッシュフローを大きく伸ばすことが可能な金融商品でもあるかと思います。
一点だけ、コロナショックによりわかったことは「SPYDは変動率が高」く、「相場の下げに弱い面がある」ことには注意したい点です。

医師限定ポイントサイトまとめ

医師限定ポイントサイトまとめの画像

医師限定ポイントサイトまとめ

ズバリもっとも手っ取り早くお小遣い稼ぎができるのが医師限定ポイントサイトの最大の利点です。

ポイントサイトに登録することでアンケートが定期的に届きます。

そのアンケートに答えることで1000から5000円程度のポイントが付与されます。

貯まったポイントをアマゾンポイント、場合によっては現金に交換して活用するという流れになります。

研修医も利用可!マイナビDOCTORでいい転職を見つけよう

研修医も利用可!マイナビDOCTORでいい転職を見つけようの画像

研修医も利用可!マイナビDOCTORでいい転職を見つけよう

マイナビDOCTORに登録すると、専任のキャリアパートナーが担当に付き、希望の就職条件を提示すると、それに似合った医療機関や年収、勤務時間・曜日、入職日、労働条件などを次々と提示してくれます。

このキャリアパートナーは、なんと登録者が研修医でもついてくれるところが特徴です。

そしてこの「代理交渉」は、うまく雇用条件の交渉ができない人や話し合いが苦手な性格な人にはかなり心強いものになります。

【医師の】今すぐに資産運用をすべき理由とは【資産形成】

【医師の】今すぐに資産運用をすべき理由とは【資産形成】の画像

【医師の】今すぐに資産運用をすべき理由とは【資産形成】

今回は一体いつ頃から資産運用をすべきなのかをお話ししていきたいと思います。

まず、皆さんの資産運用のイメージってどのようなものでしょうか?

一般的には、資産形成ってお金に余裕のある人がさらに増やすための富裕層向けのイメージがあると思います。

実はそのイメージ、間違っているんですよ。

資産運用は今すぐに行うことで後々の資産の伸びが2乗3乗にもなることが知られています。

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】の画像

勤務医が確定申告で節税するポイントを大解析【確定拠出年金】

医師、特に勤務医の先生が節税するポイントは何と言っても「所得税控除」です。
所得税はその人の1年間の収入に応じて税率が決まります。
医師は一般的に高所得になるのでその分税率も高いですが、逆に、所得税控除をうまく使えればかなりの節税になります。
それではどの項目で節税が可能か、ひとつひとつ解説します。

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】の画像

【節税】医者はいつiDeCoに加入がおすすめか【メリット】

結論から言いますと、研修医を終わればバイトを組み合わせて収入が少なくとも年収1000万円程度になるので、iDeCoに加入するべきと思います。
また、もし将来的に大学院進学や開業を考えているのであれば、その間はiDeCoの掛け金が毎月68000円となりさらに絶大な節税効果が現れます。
なので、いつからiDeCoをやればいい?という質問に対してはほとんどすべて「今から」という回答になります。

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】の画像

【医師】お金に困りたくない先生が最初に読む記事です【資産形成】

資産形成と聞くと、複雑なイメージを持つ方が多いですが、簡単に考えると次の3つの概念を意識すればいいのです。

収入を増やす
支出を減らす
運用利回りを上げる

簡単にいうと「入ってくるお金を増やし、出ていくお金を少なくし、増えるお金の割合を高くする」ということです。