今すぐに資産形成をすべき理由とは

今すぐに資産形成をすべき理由とは

こんにちは、Dr.KyoJiです。今回はなぜ資産形成をすべきなのかをお話ししていきたいと思います。資産形成はお金に余裕のある人がさらに増やすための富裕層向けのイメージがあると思います。

実はそのイメージ、間違っているんですよ。

お金が無い人こそ、その資産を運用すべきなんです!

お金が無い人は今すぐ資産形成をしましょう!

「投資をするなら少なくとも数百万円くらいの資金が必要!」
「投資をする予定だけど、まだ資金が貯まらないので様子見!」

僕も以前はこのように思っていました。資産形成についての勉強をしたことがなく、平均より高い給料をもらっているがゆえにいずれ貯まったら・・なんて考えていました。

僕も勉強して分かったのですが、今の時代投資は少額の資金から始めることができます。特に100円、1000円などから投資が始められるので、資金によるハードルはほとんど無いに等しい状態です。

そうです。お金がないから投資を始めることはできないという概念は間違っているのです。

もしこのブログを読んでいる人でお金が貯まらないなぁと思う人がいましたら、投資を始めることをお勧めします。投資は、お金が貯まったら始めるものではなく、お金がないからこそ始めるものなのです。

資産形成には時間がかかる

ではなぜなるべく早くに資産形成を始めたほうがいいのでしょうか?それは積立に時間がかかるからです。

少額投資から始めることができるのはメリットである反面、資産を多く積み立てるには時間がかかります。

なので、将来の資産形成を考えたならば、その時点で自分が捻出できる資金から少しづつ積立を始め、余裕ができた段階で積立額を上げていくことが大切です。

日本人は資産形成をする人が少数

まずは次の表をみてください。これは金融庁が発表した平成28年度の金融レポートです。

https://www.fsa.go.jp/news/29/Report2017.pdf

株式および投資信託の割合に注目してください。アメリカは1995年から2016年の間に39.4%から46.2%まで増えた一方、日本は13.0%からわずか18.6%にしか増えていません。

またアメリカの場合、預金口座に入っているお金は全体の13.7%である一方、日本は51.7%も預金口座にしまっているという事実があります。

これは日本人がもらったお給料の半分以上を何もせず銀行口座に置いているだけになっているということです。

資産は運用しなければ増えることはない

それでは次のグラフです。日本、アメリカ、イギリスで家計金融資産がどの程度増えていったかを表しています。

https://www.fsa.go.jp/news/29/Report2017.pdf

アメリカやイギリスは約2.4倍に資産が増えている一方、日本はわずか1.5倍にしか増えていません。

https://www.fsa.go.jp/news/29/Report2017.pdf

資産が増えた要因につきましても、運用リターンが増加した資産のほとんどを占めていることがわかります。

今すぐ資産運用をすべき理由がここにある!

これらのグラフをみて言えることは、資産運用を行っていくことで、そのリターンから得られる利益で総資産が継時的に増えていくということです。これが、資産運用をなるべく早く行ったほうがいい所以であります。

不安な人は、少額投資から始めていきましょう!

このブログではいくつかの資産運用についてのメリット、デメリットをお伝えしていきます。その中でもインデックス投資が特に医師の方には向いていると僕は思っています。そのほかのブログも是非読んでください。