【オススメ】高配当利回り株を少額から買う方法

【オススメ】高配当利回り株を少額から買う方法

株が高くて手が出しにくい・・・

こんにちは、Dr. KyoJiです。

医師として働く傍ら、主に投資による資産形成を目指しています。なぜ医師なのに資産形成を目指すことになったのか、そのきっかけがこちらです。

前回のブログで配当利回りについて、そして配当利回りの高い株を買うことのメリットとその注意点についてお話ししました。

その後、読者の先生から次のような質問をいただきました。

配当利回りの高い株って一株あたりの単価が高くて複数の高配当利回りの株を買おうとすると何百万もかかるんですが・・・

ご質問いただきありがとうございます。確かに普通の証券会社から株を買おうとすると100株単位で購入しなければならず、リスク分散の為にいくつかの株を買おうとすると何百万にもなる場合があります。

例えば一株3000円の株式を購入しようとすると、最低購入単位の100株だけでも30万になります。これではいくら収入が多い我々医師でも簡単には手が出せませんね。

そこで今回は、配当利回りの高い狙い目株を少額から買う方法をお話しします。

いつもの注意事項ですが、このブログでは種々の資産運用を強く推奨したり、ある特定の銘柄、物件の売買を強制することはございません。また不動産や株式の変動は誰にも予測できないので、あくまでこれらの売買は自己責任になることをご了承ください。

投資はあくまで自己責任でお願いします

高額な株式を少額で入手するには:SBIネオモバイル証券

冒頭でありましたように、株を購入する際は通常は100株単位での購入になります。その為1つの銘柄でも数十万、これを複数購入するとなると数百万の資金が必要になることは確かです。

ところが現在、この100株単位での購入が難しい方向けに1株あたりから購入することができるようになっています。

それは、SBIネオモバイル証券から株式を購入するという手段です。

ひとかぶIPO

株式を購入する証券会社は複数あり、現在では対面式の購入よりもインターネット経由で購入する方が手数料を抑えることができ、ネット証券会社でも特に手数料の安いSBI証券や楽天証券が人気となっています。

このようなネット証券と比べ、SBIネオモバイル証券には大手にない圧倒的なメリットがあります。それは

  • SBIネオモバイル証券なら1株単位から購入可能
  • 月に50万円までなら、投資の際の取引手数料が200円定額
  • さらに口座利用でTポイントが毎月200ポイント貰えるので手数料が相殺される
  • 余ったTポイントがあれば、それを使って株が買える

この4つです。一つずつ見ていきましょう。

1株単位から購入可能

SBIネオモバイル証券の1番の強みはこの1株単位で株が買えるというところです。

高配当利回りの株式投資は長期投資を基本とします。長期間保有すると1株だけに集中投資をするとリスクが高いので、リスク分散のために複数の銘柄を保有する必要があります。

分散投資により、1社に集中投資して配当利回りを高くするより、はるかに安定して配当金が得られるようになります。

こういった買い方ができるのが、SBIネオモバイル証券の大きな強みです。

補足事項として、人気の大手ネット証券のSBI証券も1株あたりからの購入は可能です。ただ取引のつど手数料がかかるため分散投資すると手数料の方が多くかかります。

月に50万円までなら、投資の際の取引手数料が200円定額

上でも少し話しましたが、分散投資をすると1銘柄あたりに手数料がかかるので、手数料が割高になってしまうのが欠点です。

ところが、SBIネオモバイル証券であれば、月に50万までの投資なら手数料は200円で定額になります。

1銘柄に投資する手数料と15~20銘柄に分散投資してかかる手数料が50万まで同一ということになります。少額から分散投資する場合にはこれは大きなメリットです。

そしてSBIネオモバイル証券のメリットはこれだけでなく、なんと手数料を相殺できるのです。

毎月のTポイントで手数料を相殺

SBIネオモバイル証券で取引をすると、毎月Tポイントが200ポイントもらえます。このポイントを手数料に当てることができ、実質無料で株の売買が可能になります。

手数料が実質無料で株の取引がし放題、これは少額から株式投資を始める方にはこれ以上ないメリットと言えますね。

余ったTポイントで株が買える

これは上の手数料相殺と同じようなメリットですね。普段の生活で溜まったTポイントで株を買うことができます。少額から投資でき、さらにTポイントで補填することもできるとは、これ以上ないメリットだと思います。

デメリットはというと・・

SBIネオモバイル証券のメリットについてお話視してきましたがここではデメリットをお伝えします。とは言っても少額投資に直接響くようなデメリットではありません。あえて取り上げるとしたら

  1. 国内株式のみの適応
  2. NISAやiDeCoは適応外
  3. 100株未満だと株主優待が貰えない可能性大

大きなものはこのくらいだと思います。株主優待を期待する人は最低100株からという指定が銘柄によってはあるので、その場合は株主優待がもらえないことがあります。

あとなNISAやiDeCoですね。特にiDeCoは大手ネット証券で申し込めばいいのでそこまで気にする必要はないと思います。リスクを考えて米国投資を検討する場合も同様に大手ネット証券から申し込む、と言った形で使い分けが理想ですね。

少額投資はSBIネオモバイル証券がベスト!

以上少額投資についてお話ししました。自分の余剰金が少ない、株式投資は初めてでいきなり高額な投資は不安、という方はこのSBIネオモバイル証券から投資を始めてみてはいかがでしょうか?

以下のバナーから簡単に口座開設ができます。口座開設の手順は通常のネット証券とほとんど同じです。

ひとかぶIPO

またこのブログで取り上げた高配当利回りのメリットについては以下のブログで詳しくお話視しています。