医師が筋トレを始めて気づいた3つのこと

医師が筋トレを始めて気づいた3つのこと

こんにちはDr. KyoJiです。医師として日々外来や当直を行う傍ら、資産形成についての情報を発信しています。資産形成を行おうと思ったきっかけがこちらです。

今回の記事は筋力トレーニングについてのお話しをしようと思います。資産形成とは直接関係ないのですが、我々医師はほとんどが(?)運動不足であると思います。

僕も以前までは運動をほとんどしていませんでした。大学の部活では運動部だったのですが医者になってからは仕事が忙しく運動をする時間をとっていませんでした。

しかし資産形成を始めようと思ったとき、「自分の体もこの際変えたい」と思うようになり、24時間営業のジムにいくようになりました。

現在2ヶ月ほど継続しています。劇的に体格が変わることはないのでまだまだ継続が必要だと思っています。

今回は継続するにあたって大切だなと思ったポイントを3つお伝えしたいと思います。

1:日付を固定する

筋トレの日付は固定しましょう。

絶対にNGな行為は「今日は筋トレしようかな…」と考える時間です。

こういった考えになってしまったら「今日は休もう…」となります。なので継続するためにやるべきこと「日付を固定して、やると決めた日は、何があっても筋トレする」です。

僕は仕事上あらかじめ当直の日程がわかってから、そこに当たらないようにジムに行く日程を組んでいます。

最初は週二回は絶対行こうと以下のようなスケジュールにしました

  • 月曜日:休み
  • 火曜日:休み
  • 水曜日:休み
  • 木曜日:筋トレ 
  • 金曜日:休み
  • 土曜日:休み 
  • 日曜日:筋トレ

こんな感じです。週2回なので部位に分けると間隔が空きすぎてしまうので、その日にほとんどやり尽くしてしまうスケジュールにしていました。

現在は一回あたりの筋トレ時間を減らし、その分回数多く行くスケジュールにしています。以下がある週の筋トレスケジュールです。

  • 月曜:胸と背中の日
  • 火曜:休み
  • 水曜:肩と腕の日
  • 木曜:休
  • 金曜:胸と背中の日
  • 土曜:休み
  • 日曜:肩と腕の日

こうすると一日置きというサイクルができますし、鍛えた部位を数日間休ませることができるのでよりいいかなと思いました。時間があればこれに加えて有酸素もやったりしてます。

ここで大切なことは「なるべくルーチン化すること」です。筋トレしようか悩んでいるうちは習慣化ができていないので、日常の生活の一部に筋トレが入るように工夫することが大切です。

2:SNSや動画で経過報告する

コレも習慣化に非常に有効です。1人だけでやっていると飽きてきていつの間にかやらなくなりますが、経過をアップすることでモチベーションが保て、また同じような人と交流も生まれていろんな情報をゲットすることができます。

僕もジムに来た時にハッシュタグをつけて#ジムに来たとジムの画像と一緒にいつもツイッターで発信しています。今ではこれがやる気の一つになっています。

また定期的に自撮り写真をアップすることで、自分の体の変化にも気づくことができるかもしれませんね。

3:筋トレするならまずはジム、なるべく家から近いところ!

筋トレをする際に重要なのは場所です。

僕は幸い自分のアパートから自転車で10分くらいのところにエニタイムフィットネスがあったので、そちらを使っています。

エニタムフィットネスならそのほかの店舗でも運動ができますので、当直病院の近くで当直の時間まで軽く運動したりもしています。

また、筋トレをするには僕はジムに行くことをお勧めします。家でやるよりも運動している集団に入る方がやる気も出ますし、運動している実感を持てます。

また家からの距離も大事です。

場所が遠いところで筋トレすると、だんだん行くまでが億劫になるので、なるべく家や職場から近いところ、理想は職場の帰り道のジムを選ぶことをお勧めします。

まずは習慣化を目指すことが大切

今回は筋トレを始めた経過と継続するために僕が気をつけていることを紹介しました。

筋トレやダイエットはすぐに成果が出ません、何ヶ月も何年も続けて徐々に体の変化に気が付いてくるものだと思います。

そのため長期間続ける必要があり、それにはまず習慣化させることが非常に重要です。

資産形成も長期間かけて行っていくものですので、筋トレ同様長い目で見ながらやっていきたいと思っています。