フリーランス医に必要な、誰もが身に付けられる素質とは

フリーランス医に必要な、誰もが身に付けられる素質とは

こんにちは、Dr.KyoJiです。

現在は内科フリーランス医として主に外来診療や病棟対応、日当直業務を行いつつ、医師の資産形成についての情報を発信しています。

資産形成の仕方としては、種銭を稼ぎ、それを投資に回すという手法が一般的ですが、投資方法には株式投資、不動産投資など多義に渡ります。

どの投資も一長一短があり、

「絶対にこの投資がおすすめ!」

というものはないと思います。

逆にそのような勧め方をしてるブログや人物はあまり信用できないものと思った方がいいかもしれません。

実際に私も記事を書いてますが、これらは自分の主観や経験に基づいた内容ですので、読んでいただいてる方に強く勧めるものではありません。

あくまで資産形成の一つの手段として参考にしてもらえればと思っております。

医師がもっとも確実に資金を稼ぐ方法;日当直アルバイト

特に医師である我々がもっとも手早く、確実に資産を増やす方法としては高額な日当直アルバイトをこなしていくことが一番かと思います。

単純な当直バイトでも6万前後の収入になり、他の職種の方よりも確実に、そして大きな資金源となります。

主にこれらの求人サイトで募集案件を見つけ応募していきます。

これらの日当直アルバイトや定期非常勤での病院勤務を複数こなすことで、毎月の収入を爆増させることができます。

そういった働き方を、俗にフリーランス医と呼ぶ場合もあります。

常勤じゃないから責任なさそうだし楽に稼げるからいいことずくめだ☺️

と考える先生もおられるかと思います。

ところがフリーランス医として働くために必要なものがあります。

今回はそんなフリーランス医に必要となる素質についてお話しします。

医者の世界だけでなく一般社会にも同じことが言えますので、医師以外の方もぜひ呼んでください。

フリーランス医が重宝されるのはどんな時?

まずはフリーランス医が重宝されるのはどういう時かを考えてみましょう。

究極的にいってしまえば、「病院経営にとってプラスになる」時です。

フリーランス医は病院やクリニックに一時的に雇われ、そこで交わした契約に基づいて業務(医業)を行います。

フリーランス医が重宝されるのは、この医療機関の経営に対してプラスの要素をもたらす時にありがたがられることが非常に多いです。

そんなのフツーに外来や当直やるだけでいいんじゃない?

確かにフツーにやるだけで問題はありません。

しかし、より長期間の契約や更なる案件の獲得、契約内容の改善などを考えるのであれば、フツー+αの魅力が必要になります。

その+αについて深掘りしましょう。

殿様当直は禁忌!

先日自分が定期で外来に入っている病院から、追加の日当直をやってくれないか、との打診を受けました。

いつもよくしてもらい非常に有難かったのでお受けさせていただきました。

その際、自分に打診をしようと思った経緯を病院側に聞いてみました。

理由は「殿様当直」が原因でした。

今月まで、大学からの派遣で大学の講師の先生が毎週平日と週末に日当直をしていたのですが、その先生の当直内容は

救急要請はほとんど断る

当直入りや明けの時間を守らず、遅く来て早く出ていく

夜間の病棟コールに対応しない

というものでした。

まさに「当直してやってるんだよ」といった態度の当直内容でした。

病院側としても救急車を断られると応受率が下がり救急隊からの信用が落ちる、また病棟看護師やMSWなどのコメディカルも困っているので、いくら大学からの派遣とは言えこれ以上継続させるのは病院や職員の信頼が下がってしまう

という理由でその先生の当直を中止にしたとのことでした。

自分はこのような当直を「殿様当直」とよんでいます。

フリーランス医がもしこのような当直をするのであれば、あっという間に信頼は失われる=仕事を失うことになるので絶対に禁忌です。

理想のフリーランス医の当直とは

それは殿様当直がいかにまずいことかがわかったので、次にフリーランス医はどのような当直を心がければ良いでしょうか?

自分は以下の3つをまずは最低限守るように心がけます

救急車や外来受診依頼は可能な範囲で全て受け入れ

業務に関する時間や約束は徹底する

コメディカルからの依頼は全て笑顔で対応

なんか研修医になった時に入職説明会で言われたな

そうです、まさに、我々が医者になって初めての勤務の際に教育指導される内容に他ならないのです。

一番上の救急車や外来受診依頼の応受に関しては様々な意見があると思いますので、別の記事で詳しく深掘りします。

しかし2つ目、3つ目に関しては「社会人としての基本」に他ならなく、逆にいうとこれらが守れていない先生が意外と多いんだな、ということが分かります。

フリーランス医の素質=社会人としての素質

フリーランス医は大学や病院から身分を保証され、守られているものではなく、一度信頼が無くなると病院はもちろん、紹介元の仲介業者や派遣会社からもNGが出てしまうおそれがあります。

その信頼を揺るがすきっかけになる一番の要因は、まさに一般的な社会人としての対応ができないということになります。

そのため、フリーランス医を続けていくために最低限必要な素質は、社会人として相手の信頼を損なわないような行動ができるか、といったところになります。

ごくごく当たり前の話ではありますが、それができずにバイトを失った大学の先生がいらっしゃったのは非常に勿体無いです。

ちょっと気をつければ誰もが身につけれられる素質であることは間違い無いので記事にしました。

この記事を読んでいただいた先生の中で、何かに気づいて行動が変わるきっかけになりましたら非常に幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。