アフターコロナの医師の働き方を模索!収入に満足できないなら副業を!

アフターコロナの医師の働き方を模索!収入に満足できないなら副業を!

皆さんこんにちは、Dr.KyoJiです。

フリーランスで医師をやっており、外来や夜間の当直業務をメインに行いつつ、医師の副業に関する総合情報を発信しています。

定期非常勤バイトやスポットバイトを駆使し、収入が減少すると言われているコロナウイルスの感染拡大下でも大きく収入を伸ばすことに成功しています。

どうして収入を伸ばせているのか?具体的な方法については下の記事でご紹介していますので是非読んでください。

今月の収入も公開します

今月も月収が手取りで合計200万を越えることができました。

寝当直からガンガン来る救急当直まで、色々な当直や日勤業務を組み合わせた結果このような収入に繋がっています。

今回は、コロナウイルスの感染拡大後の医師の働き方、収益の伸ばし方について深掘りしていこうと思います。

アフターコロナの働き方その1: 急な外勤停止の想定を!

コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令で日本経済は後退しました。

我々の働く医療業界でも働き方に変化がもたらされました。

感染拡大を防ぐために様々な医療機関が発熱の患者の診察を一時ストップしたり、救急搬送の受け入れを停止するなど通常業務での診療がままならなくなるケースも非常に多く見られます。

このような状況で、医師の生活に関わる問題として「外勤の急な停止」が挙げられます。

常勤の病院がクラスターになり出勤停止になった

バイト先の病院で感染が確認され、外来、当直案件がしばらく無しになった

大学病院の方針で当面の間アルバイトが禁止された

このようなご経験をされた先生は少なからずいらっしゃると思います。

5月30日時点では緊急事態宣言は解除されていますが、経済復興による人の移動で第二、第三波の感染拡大が起こらないという保証はありません。

そうです、3月、4月にあったような「突然の外勤停止」になる可能性は今後も続くのです。

そのため、今後も急な外勤の停止にあったらどのようにして収入を維持するかを検討しておく必要があります。

アフターコロナの働き方その2: 情報は常にチェックする

自分が収入を伸ばせた要因のひとつとして、アルバイト関係の情報は常にチェックしていたことが挙げられます。

日当直や定期非常勤を多く雇っている病院ではアルバイトの医師が突然来れなくなると常勤で穴埋めすることができず、スポットバイトや定期非常勤案件として仲介サイトで募集されます。

特に直前の募集だと単価が高くなったりインセンティブがついたりと普段の案件よりも条件が良い状態であることが多いです。

そのため私は複数の医師バイト案件紹介サイトに登録し、自分の条件にあったアルバイトの募集がないかチェックしていました。

アフターコロナの働き方その3: 常勤先を変更する

現在常勤で働いている先生なら、常勤先を変えるという選択肢がオススメされる場合があります。

それは「副業が優先できる常勤先を好む」場合です。

一部ではありますが、常勤として勤務されている先生から

「コロナウイルスで診療報酬が減少したため収入も数ヶ月3割減という通知が来た」

という話を聞きました。

一方的な通達だったとのことですが、たとえ常勤でも収入が必ずしも保証されているものではないのだな、と思った一例でした。

常勤で勤務されている先生でもアルバイトや定期非常勤をこなし、収入アップを図っている先生はおられます。

もし現在の職場がアルバイト禁止、もしくは勤務条件や勤務時間的にアルバイトに行くことが難しいという先生

またこれから副業を考えているけど現在の常勤先では難しそうという先生

こういった先生方は場合によっては常勤先を変える、という方法もアリになってきます。

アフターコロナの働き方の注意点としては

「急な収入の低下に対し、自分で行動し収入を維持することができるか」

ということが重要です。

そのためもし副業が難しいけど、現在のご自身の環境的に副業を考えているのであれば、この時期での転職の検討は懸命かもしれません。

もちろんご自身でお考えになっても問題ありませんが、常勤先の変更に関してはキャリアエージェントのアドバイスも参考にされると判断の一助になるかもしれません。

まとめ:収入を維持するには、自分で行動できるかが鍵

アフターコロナの医師の働き方については様々な意見があると思いますが、収入という点に焦点を当てるのであれば

外勤停止、アルバイト停止を想定し第2、第3の収入先を検討しておく

突然良案件のスポットバイトが出る可能性があるので、情報は常にチェック

今後副業を検討するなら転職も視野に

まずはこの辺りから行動を初めて行くのがいいと思います。

バイト情報のチェックやエージェントとのやりとりってどうすればいい?

というご質問をいただくことが多いです。

以前もお伝えしましたが、医師のアルバイト、転職であれば複数の紹介サイトを併用して情報を得ることをオススメします。

私は以下のリンクの会社は全て登録しています。

「M3.com」が運営する信頼の転職サイト

「M3.com」が運営する「エムスリーキャリアエージェント」です。

医師の間で絶対的な知名度を誇るエムスリーだから多くの医師から信頼を集めています。

M3グループならではの情報量が魅力的で、我々のアルバイトや転職を全面バックアップしてくれます。

大手サイトの口コミでは、医師の満足度が非常に高いのも大きな特長です。

◇こんな医師におすすめ

たくさんの情報を得たい

転職の目的は主に年収のアップである

大手特有の信頼できる案件紹介を受けてみたい

転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア

「MedPeer」が運営する大手医師転職サイト

こちらも大手サイトになります。

「MedPeer」に集まる医師12万人の会員プラットフォームを活用して、医師の開業や転職・アルバイト探しを支援する企業と医師を効果的にマッチングします。

「MedPeer Career」というポータルサイトを運営しており、このポータルサイトを経由して転職を希望する医師の情報と医師を募集している医療機関の情報をマッチさせ、転職を支援するという方法です。

このポータルサイト経由の情報網が非常に有用です。

◇こんな医師におすすめ

情報を網羅的に取得したい

色々なバイト情報を比較したい

エージェントからある程度まとまった案件情報をもらいたい

【医師求人情報】MedPeerキャリア

日本の転職最大手。特に非常勤の求人が豊富!

30年以上の歴史を誇る、古参の医師転職大手会社です。

長年培われた実績による手厚いサービスはもちろんですが、注目したいのは常時10,000件以上を誇る「非公開求人」です。

常勤の研究日にスポットで収入アップさせたい、と考える先生には非常にお勧めです。

その莫大な求人情報量の中から、ピッタリの転職先が見つかることでしょう。

また、大都市だけでなく地方にも強く、全国的な対応ができるのも魅力です。

◇こんな医師におすすめ

非常勤・アルバイトの情報も欲しい

地方の案件についても知りたい

たくさんの求人から転職先を選びたい

確かな実績のある会社にまかせたい

医師専門の転職支援サービス「リクルートドクターズキャリア」

まずはこれらのサイトに登録して情報をゲットしてみましょう。

また、登録すればLineから随時募集している案件を確認でき、Lineで返信するだけで受注確定できる便利なシステムを導入している派遣会社もあります。

登録時にOUTER HEAVENのリンクから来ました、とお伝えいただければスムーズにご案内が可能です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。