医局をやめる不安を解消するには

医局をやめる不安を解消するには

みなさんこんにちは、Dr.KyoJiです。

普段はフリーランス医として外来診療や日当直を受けながら医療を提供している一方で、医師の資産形成、副業に関する総合情報を発信しています。

自分がどうしてフリーランス医になったか、資産形成を考えるようになったかは下の記事でお話ししています。

今回はTwitterでもよくメッセージをもらう「医局」についてお話ししていこうと思います。

医局をやめるとどうなるか不安・・・

医局を辞めたいけど、就職先が見つかるか不安だなぁ…」

こう思っている先生方が多いと思います。

実際に自分も医局を離れるまで、医局から離れた生活を想像することができなかったので気持ちは分かります。

結論から言いますと、「医師の求人は常勤でも非常勤でもいくらでも探せる!」ということが言えます。

それでは医局を離れることがどうして不安なのでしょうか?

多くの先生が実際に医局を離れたことがないのに、医局から離れると悲惨な目にあう、医者として生きていけなくなる、などの言葉を後輩に投げかけます。

こうした漠然とした不安の植え付けが、見えない未来に拍車をかけて我々の不安を煽ることになると思います。

そのほかに就職先を考えたときに不安を感じる先生もいるかもしれません。

と言うのも、医局に所属していると

「今年はこの病院に行って」「来年からはこっちに戻って」

など医局人事にのせられるがままに勤務先が変わっていきます。

こうした医局人事が当たり前になりますと、いざ医局を離れて自分で就職先を探すとなった時に

「自分で就職先を見つけられるかな?」

不安を感じてしまうものも無理はありません。

つまり医局から離れることに成功するには、先輩から煽られる不安や実際に就職先を自分で探さなければいけない不安といった、多方面からの不安に打ち勝たなければならないのです。

医局を離れるには不安を消し去っていくことが重要!

実は医局を離れてひとりで生き方を決めるには特別な技術や医師年数はあまり必要ありません。

大事なことは「不安を分析し解消していく」事です。

医局を離れる際に感じる不安は先ほどお伝えしたように

1:医局員との関係性による不安

2:医師としての働き方の不安

3:就職先についての不安

この3つに大きく分類できると思います。少なくとも自分はこの3つに分類しました。

一つづつ不安の解消法についてお伝えしていきます。

医局員との関係性による不安

医局やめてみんなから嫌われたらどうしよう・・・

こういう不安が多いと思います。

実際自分もこのような不安を感じていました。

結論から言うと

自分の生き方を決めるのに人に嫌われるかどうかは関係ない

と言えます。

しかしこれだけだと極論になるので、もう少し考えていきましょう。

医局をやめる時の人間関係としては「タイミング」と「期間」です

最悪のタイミングと期間は

「医局人事の発表直前のタイミングで翌月に退局すると申し出たら大バッシングを受けた

まぁこれはあまりにも極端ですが、このように医局人事が決まるタイミングや医局をやめるまでの期間を読まないで宣言すると印象が悪くなります。

タイミングは医局側のタイミングもありますが、自分自身のタイミングを利用してもいいです。

実例だと

「父親が脳梗塞になり介護が必要になったのでどうしても周りに迷惑をかけてしまう」

「以前からお話ししていた専門医、技術指導医、認定医の資格をとったので新天地で挑戦したい」

など、医局を離れても「まぁしょうがないな」と思ってもらえるような理由があるといいです。

また期間については少なくとも1年以上前からある程度見通しを立てて医局に伝えておく必要があるかもしれません。

あまりにも悪いタイミング、直前になっての宣言は医局員からの心象が悪くなりますのでその点に留意したいですね。

医局の雰囲気によっても違いますが、医局員との関係性についての不安はタイミングと退局までの期間に気をつけて、雰囲気を読めば解消されていきます。

医師としての働き方の不安

医局をやめる宣言をし、周りがなんとなく認めだした頃に訪れる不安としては

医局を辞めて医者として働けるのだろうか・・・

と言う不安が襲ってきます。

これに関しては情報を集める事でいくらでも不安を解消できます。

みなさんが医局をやめる理由はいろいろだと思いますが、意外と多い理由として

「自分の思った医療をやりたい」

という思いがある先生がいらっしゃると思います。

自分の思った医療をするはずが、医局を離れたばっかりに上手くいかず・・・

なんて事を想像してし待ったりもします。

これの解消は

情報を集める=人に会って話を聞く

これに尽きます。

医師の中でも科によって診療のスタイルや働き方が違うので一概に言うことができません。

そのため、自分が医局を辞めた後に目指す医療を行なっている先生の所にお伺いし、実際に見学したり話を聞いたりすることが非常に大切です。

自分はどうしてもアメリカに行って医療を行いたかったので、夏休みを使って実際に見学に行き、現地で働いている日本人にお会いし話を聞きました。

実際に目にしたり、不安を伝えて話を聞くことでこの不安はだいぶ解消されます。

この手の不安はビジョンが見えないことに対する不安ですが

ビジョンが見えないなら実際に自分の目指す医療を見学

イメージを持つことで不安は確信へと変わっていくはずです。

就職先についての不安

就職先なんて見つかるかな・・・

実際に医局を離れる決断ができない人はこの手の不安を抱えていると思います。

冒頭でお伝えしましたが、

「医師の求人は常勤でも非常勤でもいくらでも探せる!」ということが言えます。

これに関しては大手の求人サイトに登録して情報を得ると一目瞭然です。

自分はフリーランス医として働いていますが、空いたスケジュールに日当直を入れたりするために、よく求人サイトの情報を拾っています。

大手の医師求人で常勤を考えるならエムスリーが一番です。

「M3.com」が運営する信頼の転職サイト

「M3.com」が運営する「エムスリーキャリアエージェント」です。

医師の間で絶対的な知名度を誇るエムスリーだから多くの医師から信頼を集めています。

M3グループならではの情報量が魅力的で、我々のアルバイトや常勤としての転職を全面バックアップしてくれます。

大手サイトの口コミでは、医師の満足度が非常に高いのも大きな特長です。

◇こんな医師におすすめ

たくさんの情報を得たい

転職の目的は主に年収のアップである

大手特有の信頼できる案件紹介を受けてみたい

転職希望医師の登録実績No1を更新中!医師転職ならエムスリーキャリア

また、常勤転職のみを考えるなら、MedPeerの方が情報としてはまとまっている印象があります。

「MedPeer」が運営する大手医師転職サイト

こちらも大手サイトになります。

「MedPeer」に集まる医師12万人の会員プラットフォームを活用して、医師の開業や転職・アルバイト探しを支援する企業と医師を効果的にマッチングします。

「MedPeer Career」というポータルサイトを運営しており、このポータルサイトを経由して転職を希望する医師の情報と医師を募集している医療機関の情報をマッチさせ、転職を支援するという方法です。

このポータルサイト経由の情報網が非常に有用です。

◇こんな医師におすすめ

情報を網羅的に取得したい

色々なバイト情報を比較したい

エージェントからある程度まとまった案件情報をもらいたい

業界最大級の求人数!医師の仕事探しはMedPeerキャリア

まずはこれらの大手サイトに無料登録し、転職案件やスポット案件に関する情報を入手しましょう。

ちなみに「転職が未定」の段階でも医師転職サイトに登録することは問題ありません。

医師転職サイト側もこちら側の事情は十分に理解しており、「とりあえず登録しておく」というだけでも向こうからすれば「見込み客」になるので、丁重に扱ってくれます。

医局をやめる不安は、不安の分析とその解消法を模索するところから

今回は、医局を離れる時に感じる不安とその解消法についてお伝えしました。

これ以外にも先生方それぞれの不安があると思いますが、解決法は同じです。

不安を分析し、それを解消する手段を見つけることです。

また医局を辞めて転職すること自体に抵抗のある先生もおられる事でしょう。

その理由は様々だと思いますが、「医師の求人が出ている」という事は「そこに困っている患者さんがいる=ニーズがある」と言い換えることができます。

先生方の生き方を決めるのは医局ではありません。先生方ご自身の意志です。

最後までお読みいただきありがとうございました。